関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

秋田湯沢の山奥にやって来ました。
今回の日本一周旅でも楽しみにしてた温泉の筆頭と言ってええかな。
その泉質のよさは、誰もがお墨付き。
「泥湯温泉 奥山旅館」です。

この旅で巡った温泉の中でも最高クラスの泉質であったが2016年7月に火事で全焼・・・「泥湯温泉 奥山旅館」(秋田湯沢)

日帰り入浴は本来、大人500円ですけど、以下の温泉本で無料入浴です。


この温泉本の中でも、一押しの施設です。

日帰り入浴で利用できる浴場は2つ。
この旅で巡った温泉の中でも最高クラスの泉質であったが2016年7月に火事で全焼・・・「泥湯温泉 奥山旅館」(秋田湯沢)

まず、こちらが男女別、男側の内湯。
外に出ると混浴の露天もあります。
お湯は緑と茶が混ざったような色合いです。

その泉質表。
この旅で巡った温泉の中でも最高クラスの泉質であったが2016年7月に火事で全焼・・・「泥湯温泉 奥山旅館」(秋田湯沢)

この旅で巡った温泉の中でも最高クラスの泉質であったが2016年7月に火事で全焼・・・「泥湯温泉 奥山旅館」(秋田湯沢)

源泉温度88.3度、PH値3.8の単純温泉。
成分総計は103.3mg/kgとめちゃめちゃ少ないんですよ。
それなのに、なぜこうも濃く感じるのかって思える不思議な湯。
酸性度が高いのも起因しているのかな?
源泉温度が高いため、加水のみの源泉かけ流しになっています。

もう1つの浴場に移動しましょう。
この旅で巡った温泉の中でも最高クラスの泉質であったが2016年7月に火事で全焼・・・「泥湯温泉 奥山旅館」(秋田湯沢)

こちらは男女別の露天風呂になっております。

素晴らしい・・・
この旅で巡った温泉の中でも最高クラスの泉質であったが2016年7月に火事で全焼・・・「泥湯温泉 奥山旅館」(秋田湯沢)

さっきの浴場とは全然泉質が違いますね。
白濁りの硫黄たっぷりの泉質だ。

このタイプの泉質、私大好きでね~
この旅で巡った温泉の中でも最高クラスの泉質であったが2016年7月に火事で全焼・・・「泥湯温泉 奥山旅館」(秋田湯沢)

そして底には、ヌルヌルの泥のように成分が蓄積されています。
泥湯温泉と言われる由来ですね。

こちらの成分表。
この旅で巡った温泉の中でも最高クラスの泉質であったが2016年7月に火事で全焼・・・「泥湯温泉 奥山旅館」(秋田湯沢)

源泉温度67.5度、PH値2.48の酸性・含鉄(Ⅱ)-硫酸塩泉。
ただ、蒸発残留物は1170mg/kgとめちゃめちゃ少ないんですよ。
しかし、硫酸イオン351.3mg、硫酸水素イオンが39.1mgと非常に硫黄濃度が高い。
この近辺、硫化水素ガスが大量に発生しており、
そのガスだまりの空気を吸って、一家4人が死亡する事故も発生してます。

壁には、底の沈殿物をすくって、手形がペタペタとつけられてます。
この旅で巡った温泉の中でも最高クラスの泉質であったが2016年7月に火事で全焼・・・「泥湯温泉 奥山旅館」(秋田湯沢)

この旅、白濁の硫黄泉をあちこち巡ってきましたけど、
一番濃さを感じたのがここ、奥山旅館でした。

源泉かけ流し好きなら、絶対行って欲しいと強烈にオススメするんですが、
残念なことに、平成28年7月13日未明の出火で、ここの旅館は全焼しました。
営業の再開も8月20日時点で、まだまだ未定であるとのこと・・・
東北を代表する名温泉旅館やと思いますので、
元気に営業を再開されることを祈っております。

住所:秋田県湯沢市高松泥湯沢25
電話:0183-79-3021
日帰り営業時間:10:00~17:00
定休日:なし
日帰り入浴料:大人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/816-fcca5a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック