関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

前日から箱根のホテルで宿泊でした。
しかし、そこの泉質は、加工されまくりで、全く満足できないもの。
せっかく良質の泉源がある箱根に来ているのに、
このままこの地を後にはできない。

それに私には強い味方がいます(^^)

この温泉本の無料入浴手形に、箱根の旅館が1軒だけ掲載されていたんですよ。
ホテルをチェックアウトした後は、まっすぐその旅館を目指してやって来ました。
(その後、次の目的地へ行くのにえらい遠回りになったけど、関係ない)
箱根の旅館 美肌の湯「きのくにや」です。

硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

なかなか綺麗な旅館です、早速中へ。

中庭もあります。
硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

今回も無料入浴の恩恵を受けまして、ありがたくご紹介させていただきますね。
日帰り入浴で利用できる浴場は2カ所。
本館大浴場の「湯香殿」と別館大浴場の「貴賓殿」。

こちらは、「湯香殿」の内湯。
硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

お湯の色合いは無色透明なので、全く特徴ないように見えますけど、
硫黄の香りがプンプン匂ってくるんですよ。
ようやく箱根らしいお湯に浸かれそうやとワクワク♪

こっちが露天風呂です。
硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

泉質表でいつもの如く分析してみます。
硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

源泉温度31.9度、PH値6.9の単純硫黄泉。
単純泉なので、成分総計も少ないですね、522mg/kg。
総硫黄が9.4mgあるのが特徴くらい。
源泉温度がこの温度ですので、加温はされております。
循環ろ過も塩素消毒もありなので、そのお湯自体に力強さはない。

しかし、「神遊風呂」という、露天にある浴槽。
硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

特にこの壺湯が非常によかった。
ここだけが完全源泉かけ流しなんですよ。
浸かって30度ちょっとのお湯は、ぬるめ好きな私にはちょどええ感じやし、
硫黄の香りがここだけが断然違ってました。
1時間くらい、ここの旅館には滞在しましたが、30分はここを独占してましたね。

そんじゃ、もう1つの別館「貴賓殿」にも行きましょう。
硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

内湯は、本館と同じような雰囲気なんですけど、こっちは薄く濁ってますね。

ちょっとこの写真ではわかりづらいな。
硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

すいません、私の腕が悪い。

こっちはですね、源泉が違うんです。
硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

湯ノ花沢から引き湯をしているらしい。

では、こっちも泉質表で分析してみます。
硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

源泉温度66.4度、PH値8.0のカルシウム・ナトリウム・マグネシウム
-硫酸塩・炭酸水素塩泉。
成分総計1098mg/kgです。
しかし、残念ながらここは循環です、あまりその泉質の良さは伝わってこない。

こちらが露天。
硫黄の香りたっぷりの源泉100%かけ流しアリ!箱根の旅館 美肌の湯 きのくにや(神奈川箱根芦之湯)

箱根のホテル旅館の中では、さほど泉質に期待して行く旅館ではないのかもしれません。
ただ、温度の低い源泉かけ流しを1つでも作っているのが、
私には非常にポイント高かったです。
冬場は厳しいかもしれませんけど、夏場の交互浴はめっちゃええ気持ちですよ♪

住所:神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯8番地
電話:0460-83-7045
日帰り営業時間:平日12:30~16:00 ※最終入館15時
土日祝日12:30~15:00 ※最終入館14時 いずれも2時間以内
定休日:なし
入浴料:大人1000円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/711-8c3096a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック