関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

北海道から、太平洋フェリーにて仙台港に到着。
こっから東北を青森方面へ北上予定です。
その道中、是非とも宿泊したい温泉地がありました。
東の横綱と呼ばれる、「鳴子温泉」です。
西が大分「別府」ならば、ここ鳴子温泉も様々な泉質が沸き立つ地。
以前の東北旅行でも、すっごい泉質ええなって思ってたんですよ。
http://nihonmeguri.ojaru.jp/2011higashinippon_18.html

なので、この旅では宿泊したい想いが強かったんですね。
そんな数多くある鳴子温泉のホテル旅館から選んだのがこちら。
旅館「すがわら」です。

ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

老舗とは言えど、改築されており、見た目非常に綺麗です。
まずこちらの旅館を選んだ基準が、1人宿泊ができる旅館の中では、
相当泉質に自信を持ってる宿やなって感じたから。
ただ、少しお値段はお高め、夕食付き、楽天トラベル予約で9000円でした。
朝食付きのプランもありましたけど、1万円超えるので予算オーバーです。

夕食については、以下のブログで別途記事にしましたのでご覧くださいませ。
旅館「すがわら」部屋食でいただくこの旅一番の豪勢な夕食編はこちら!

こちらのブログでは施設・温泉に特化して綴ります。

今回宿泊する部屋。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

こじまりとした6畳の和室。
こういう部屋があるんで、1人宿泊設定もあるんやね。

部屋からの眺め。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

中庭を一望できます。

卓上のお菓子。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

しっかり地元のもんが置かれております。

ただ、建物の廊下などはやはり老舗の建築らしい軋みもありましたし、
いくら外観上はリフォームされていても、くたびれた感はある旅館です。

そして、こちらがロビー。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

宿泊者専用で、無料コーヒーがいただけます。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

普段の生活では、なかなかできない、
朝から新聞読みながらのコーヒータイムなんてやってみました(^^)

館内たくさんの浴室ありますけど、まずは大浴場から。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

入った瞬間に、あ~この宿選んでよかったなって思いましたよ(^^)

露天。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

見事なブルー色をしており、なかなかこの色合いの泉質にはお目にかかれません。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

ほのかに硫黄の香りがあり、そしてヌルヌルしたアルカリの要素も兼ね備えている。
すっごいええお湯やわ。

では、いつものように、泉質表で分析してみましょう。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

源泉温度98.4度、PH8.7のナトリウムー硫酸塩・塩化物泉。
成分総計は2803mgで、塩っ気と硫黄系の成分が多いのが特徴ですね。
そして、この温度でどうやって冷ましているのか分からないが、
加水、加温、消毒一切ない、源泉100%のかけ流しになっております。

そして、貸し切り風呂があります。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

宿泊者は24時間いつでも、空いていれば利用可能。
ただ、こっちの浴槽はブルー色をしていないんですよね。
泉質的には大浴場と一緒みたいなんですけど、
おそらく、湧き出した当初は無色透明で、空気に触れて劣化するごとに、
青色に変色していくのだと思います。
しかし、この貸し切り風呂の泉温は熱かった・・・
43度以上はあったと思います。

そして、夜の23時で、大浴場は、男女入れ替わります。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

露天。
ブルー色をしてる♪さすがは鳴子の名湯での宿泊!旅館 すがわら(宮城鳴子温泉)施設温泉編

大浴場というには狭いですね・・・中浴場くらい(^^;)
そして、ここのお湯も貸し切り風呂と同じ浴感でした。

熱め苦手、ぬるめ大好きな私なので、自身、最初に入った大浴場が好みだな。
特に露天は、40度弱くらいに感じられてよかった。
なので、翌朝にも入りたかったんですけどね・・・
男女入れ替わっているので、願い叶わず。

全体的な印象としては、1泊2食付きで1万円を超える値段設定は、
少し高いと思います。
これで8000円台くらいなら、大満足!って太鼓判押せるんやけどな~

住所:宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷5
電話:0229-83-2022
チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
部屋数:18室
駐車場:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/705-ccdc220c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。