関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

栃木県の東部をこの日は巡ってきました。
で、いつものように、この日の一湯を目指すのですが、
あいにくこの道中には、温泉博士、まっとうな温泉掲載の無料掲載施設は一切なく、
どこか日帰り入浴できそうな安い施設を探してました。
しかし、ない!
栃木県でも日光方面に行くとええ泉質の施設がゴロゴロとありますけど、
こっちには全然ないよな~
そんな中、南方面、小山市まで走ってきて、見つけた温浴施設がここ、
小山温泉 思川(おもいがわ)です。

ショッピングモールに併設する人気のスーパー銭湯 小山温泉 思川[おもいがわ](栃木小山)

しかし、ちょうど日曜の夕方でしたんで、とんでもない人の混みようでした。

それにこの値段設定も躊躇したんよね。
ショッピングモールに併設する人気のスーパー銭湯 小山温泉 思川[おもいがわ](栃木小山)

土日祝やと入浴料が900円なんですよ・・・
泉質にあまり期待できないスーパー銭湯に900円払うのもなって思いましたが、
1日お風呂に入らないと気持ち悪くなる私は、仕方なく選んだというわけです。

こちらが露天風呂の様子。
ショッピングモールに併設する人気のスーパー銭湯 小山温泉 思川[おもいがわ](栃木小山)

お湯は浸かってみた感、全く温泉らしさはありません。
どこの都会のスーパー銭湯でも、こんなもんでしょうけどね。

ただ、景色はよかった。
ショッピングモールに併設する人気のスーパー銭湯 小山温泉 思川[おもいがわ](栃木小山)

店名通り、近くを流れる思川が、綺麗に一望できました。

ではいつものように泉質表で分析したいとこでしたが、
脱衣場がめちゃめちゃ混んでて、撮る余裕はありませんでした。

ですので、文章にいたします。
源泉温度25.8度、PH値8.1のナトリウムー塩化物泉。
加温、循環、塩素消毒ありですから、
その塩っ気もアルカリらしいヌルヌルさも、ほとんど感じません。

しかし、1つだけ、源泉浴槽があってそこだけは心地ええ浴槽やったんですよ。
温度的には体感38~9度くらいのぬるめのお湯。
源泉温度考えると、加温はされています。
しかしその源泉湯には、これは完全に源泉だろうと思われる、
しっかり温泉らしい香りがする、
25度くらいの冷たい泉質のお湯(とは言えない温度ですけど)が投入されていました。

休憩処。
ショッピングモールに併設する人気のスーパー銭湯 小山温泉 思川[おもいがわ](栃木小山)

まあ、混み合ってる時間帯なので、さっとスルー。

レストランメニュー。
ショッピングモールに併設する人気のスーパー銭湯 小山温泉 思川[おもいがわ](栃木小山)

あまり、この地らしさのあるもんはなかったかな。

しかし!
ショッピングモールに併設する人気のスーパー銭湯 小山温泉 思川[おもいがわ](栃木小山)

この入浴と朝食バイキングのセットはお得やなって思いました。
本来土日祝は入浴料900円でしょ?
300円でバイキングが食える計算になります。

まあ、旅の道中で立ち寄る施設ではないです、入浴料も高いし。
冒頭でも申しましたとおり、栃木県へ温泉目的でやって来る方なら、
もっと北へ足を延ばすはずですからね。
しかし、綺麗なスーパー銭湯ですので、地元の方には憩いの場でしょう。

住所:栃木県小山市喜沢1475
電話:0285-21-2020
営業時間:【平日】8:00~24:00(最終受付23:00)
【土・日・祝】7:00~24:00(最終受付 23:00)
定休日:第3水曜
入浴料:平日 大人750円、小人400円/土日祝 大人900円、小人450円
駐車場:165台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/702-e505b15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック