関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

栃木県を、ずずっと横断してきての車中泊地。
次の日は朝から、「ツインリンクもてぎ」に行きますので、その近くにしようと思ってました。
その結果、決めたのは「道の駅はが」。
もっと近くの道の駅もあったんですけど、
こちらの道の駅、温浴施設が併設されています。
この日の道中に、温泉博士、まっとうな温泉ともに無料入浴できる施設がなかったんで、
ここで車中泊にいたしましょう。
芳賀温泉「ロマンの湯」です。

道の駅併設の使い勝手のいい2つの源泉を有する日帰り施設 芳賀温泉 ロマンの湯(栃木芳賀)

入浴料は、公共の施設なのか比較的安くて大人600円。
道の駅併設の使い勝手のいい2つの源泉を有する日帰り施設 芳賀温泉 ロマンの湯(栃木芳賀)

そして、土曜の夕方ってこともあり、館内は相当な人数のお客さんがおられましたね。
なので、浴場内の写真は撮っておりません。

文章で説明しますと、スーパー銭湯並みにしっかりと設備は整っており、
内湯、露天(岩風呂)は結構広々しております。
但し、サウナがちっさかった。
あと、アメニティも全て揃っています。

そして、素晴らしいなと思ったのは2種類の源泉があるんですね。
道の駅併設の使い勝手のいい2つの源泉を有する日帰り施設 芳賀温泉 ロマンの湯(栃木芳賀)

1号泉は内湯の大浴槽に使われており、薄緑色の透明なお湯、少し塩っ気を感じます。
2号泉は無色透明で、気泡風呂と露天風呂で使用されており、
少し1号泉よりもアルカリ系のヌメリが強いか。

では1号源泉から、詳しく分析してみましょう。
道の駅併設の使い勝手のいい2つの源泉を有する日帰り施設 芳賀温泉 ロマンの湯(栃木芳賀)

道の駅併設の使い勝手のいい2つの源泉を有する日帰り施設 芳賀温泉 ロマンの湯(栃木芳賀)

源泉温度33.0度、PH値7.5のナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉。
成分総計は2021mg/kgと多いように見えますけど、ほぼ塩っ気だけです。

次に2号源泉。
道の駅併設の使い勝手のいい2つの源泉を有する日帰り施設 芳賀温泉 ロマンの湯(栃木芳賀)

源泉温度53.9.度、PH値8.0で成分構成は1号源泉と似通ってますね。
但し、こっちの方が非常に濃い成分量となっています。

けど、残念なことにこれなんですよ。
道の駅併設の使い勝手のいい2つの源泉を有する日帰り施設 芳賀温泉 ロマンの湯(栃木芳賀)

成分濃い~2号泉は、加水、加温、循環ろ過、塩素消毒ありと加工されまくり、
なのであまり浴感がありません。
そして、1号泉は加温のみ、塩素消毒ありのかけ流しみたいなので、
塩っ気を感じたんでしょうね。

休憩処はゆったり、寝ている人もおられました。
道の駅併設の使い勝手のいい2つの源泉を有する日帰り施設 芳賀温泉 ロマンの湯(栃木芳賀)

レストランメニュー。
道の駅併設の使い勝手のいい2つの源泉を有する日帰り施設 芳賀温泉 ロマンの湯(栃木芳賀)

特に気になるもんはなかったんですけど、安めのお値段設定でした。

温泉の泉質的には満足はできないかなと思います。
ただ、2種類の源泉を私が今回やったみたいに、
成分表を見比べながら浸かり比べをしてみるのも、なかなか面白いと思いますよ(^^)

住所:栃木県芳賀郡芳賀町上延生160
電話:028-677-4126
営業時間:10:00~21:00
定休日:水曜(但し祝日の場合は営業)
入浴料:大人600円、小人200円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/701-568c20d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック