関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

万座温泉を後に、この日の群馬県2湯目。
全国的に、群馬はあまり魅力度ランキングは高い県ではないですけど、
私的には泉質のええ温泉も非常に多く、魅力度は高いですね(^^)
次に向かったのは軽井沢。
豪勢な別荘が建ち並ぶ地とのイメージもあり、貧乏人の私には縁がないなと、
今までの旅行でも、立ち寄ったことがない地です。
そんな中、「ホテルグリーンプラザ軽井沢」へ日帰り入浴しにやって来ました。

軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

さすがに規模がでかい。

こういうホテルを見ると、あ~軽井沢にやって来たんやなと実感できますね。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

なぜ、ここの施設を選んだのかは、温泉博士の無料入浴手形が利用できたんですよ。
但し、こちらのホテルの日帰り入浴は1230円と1000円超えています。
温泉博士用に券売機にもボタンがあり、230円のボタンを押し、いざ中へ。

内湯は混んでましたので、写真ありません。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

外にある露天の檜風呂。

そして、岩風呂ですね。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

全体的に浴場は広く、スーパー銭湯並の開放感があります。
お湯の色は少し薄黄緑色に色づいた透明なお湯、浸かってみた浴感はさらりとしていて、
温泉感は乏しいですね。

ではいつものように、泉質表で分析してみましょう。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

もう1枚。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

・・・って言いつつ、詳しい成分表がどこを探してもなかった・・・
源泉温度72.9度のナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩温泉
(中性低張性高温泉)って情報だけしか分かりません。
源泉温度が高いために、加水のみの源泉かけ流しを謳っておりますけど、
そこまでの力強さを感じなかったのは、この広々とした浴槽だけに、
劣化があるんでしょうか。

露天岩風呂の前面には、洞窟風呂もあります。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

あと、内湯にサウナもありましたが、中にテレビはなしでした。

もし、通常値段の1230円で入浴してたら、酷評してたかも(^^;)
どう考えても高いと思います、800円くらいが妥当。
泉質的にも自身の好みとは合致しなかったので、
また次回温泉博士が使えたとしても立ち寄りはないかな~
やっぱ貧乏人には、軽井沢は似合わない地です。

住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
電話:0279-86-4111
日帰り入浴時間:12:00~23:00
定休日:無休(メンテナンスのため臨時休業あり)
日帰り入浴料:大人1230円 子供620円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/699-4f991d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック