関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

この日の宿泊は、この日本一周旅で、もっと激安で泊まった宿をご紹介。
リラクゼーションルームでの宿泊ですから、健康ランドタイプですけどね(^^;)
しかし!!普通、健康ランドに泊まると、深夜料金含め2000円以上しますでしょ?
けど、こちらの施設はなんと!!1400円!!
その激安宿をご紹介します、穂高荘倶楽部(穂高荘山がの湯)です。

なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

旅館と日帰り入浴施設が、合体したような造りになっています。
私は部屋に泊まりませんので、日帰り専用の窓口より中へ。

その日帰り入浴の説明。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

16時半までは1200円で日帰り入浴でき、16時半からは750円。
深夜料金650円を支払うことで、朝9時半まで滞在できます。
つまり16時半にチェックインしたら、翌朝まで1400円で滞在できるからくり。

こちらが洋のリクライニングルーム。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

そして、和の休憩ルーム。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

さらに、プラス500円の特別仮眠ルーム。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

レンタル浴衣とタオルは、入浴料込みとなっています。
この日は日曜夜やったんで、こっちでの宿泊は私1人でした(^^)
洋室リクライニングシートのテレビの前で、
朝までゆったりゴロゴロさせていただきました。

さ、お風呂に行こう。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

途中、こんな部屋がありました。
そして旅館になってる個別の部屋はほとんど埋まってたみたい。
特に中国人観光客が多くて、夜遅くなるまでは、少しうるさかった。

内湯。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

もう1枚、別角度より。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

低温(40度くらい)と高温(43度くらい)の2種類の浴槽がありました。
青緑色に濁った湯で、硫黄の香りも、鉄の香りも、ほのかにします。
まさに平湯温泉の力強さをそのまんま感じられる泉質で、こりゃすごいな。

では、泉質表で分析してみましょう。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

もう1枚。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

源泉温度70.1度、PH8.2の単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)。
この温度ですから、加水はされておりますけど、
あとは完全かけ流しのお湯になっております。
成分統計は1204㎎/kgあって、様々な成分が配合されており、
投入量も非常に多く、加水されている薄さを感じません。

露天の様子。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

もう1枚。
なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる♪穂高荘倶楽部[穂高荘山がの湯](岐阜平湯温泉)

周りは塀で囲われているので、開放感はありませんけど、
塀越しには奥飛騨の山々を拝むことができ、気持ちええ。
特に朝風呂には、めちゃめちゃ格別な露天風呂ですよ。

私はチェックイン前に食べたので、ご飯はこちらでいただきませんでしたが、
レストランもありますから、そこで晩御飯もいただくことができます。
この旅で、様々な温泉施設を利用しましたけど、
ここの施設以上に、お得感を感じられる場所はありませんでした。
一晩滞在できて1400円ですから、この近辺、温泉はしご巡りの拠点に、
貧乏旅には強烈にプッシュできる施設です。

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯138
電話:0578-89-2306
チェックイン:16:30
チェックアウト:9:30
定休日:木曜
入泉料750円+深夜料金650円で朝まで滞在可能
和洋リラクゼーションルームでの宿泊となります。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/687-7b65b7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック