関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

この日は奥飛騨の平湯温泉で宿泊です。
ただ、そのチェックインタイムまで、まだ時間があるので、
どこかにちょっと寄って行きたい。
丁度、温泉博士の使える施設が、その道中の少し手前にありました。
「ジョイフル朴ノ木 宿儺の湯」で日帰り入浴いたします。

乗鞍岳の地下1000mから湧き出す天然温泉 ジョイフル朴ノ木 宿儺の湯(岐阜高山)

ちょうどホテル前は、乗鞍岳に向かうバスが出ている駐車場で、
その山麓に位置しております。

日帰り入浴も積極的に受け入れております、宿泊施設。
乗鞍岳の地下1000mから湧き出す天然温泉 ジョイフル朴ノ木 宿儺の湯(岐阜高山)

入浴料は大人600円のところ、温泉博士を利用して無料です。

それでは浴場へ向かいましょう。
乗鞍岳の地下1000mから湧き出す天然温泉 ジョイフル朴ノ木 宿儺の湯(岐阜高山)

内湯。

そして、サウナと水風呂。
乗鞍岳の地下1000mから湧き出す天然温泉 ジョイフル朴ノ木 宿儺の湯(岐阜高山)

浴場に入ってすぐに感じたのは、奥飛騨の泉質力強さはあまりないなってこと。
塩素の匂いがし、お湯は完全に無色透明なんです。

では、泉質表で分析してみましょう。
乗鞍岳の地下1000mから湧き出す天然温泉 ジョイフル朴ノ木 宿儺の湯(岐阜高山)

・・・っていつもの私の記事なら、詳しく表記したいところですが、
ご覧の表示しかなかったんですよね。
なので、他、色々と調べた結果を文字に書き起こします。

源泉温度27.6度の単純温泉(弱アルカリ性低張性低温泉)。
加温、循環ろ過、塩素消毒ありの、浴感どおりの特徴のない泉質です。
アルカリのヌルヌル感もほとんど感じられないくらい、薄いなって印象。

こちらが露天。
乗鞍岳の地下1000mから湧き出す天然温泉 ジョイフル朴ノ木 宿儺の湯(岐阜高山)

目の前はスキー場になっています。
乗鞍岳の地下1000mから湧き出す天然温泉 ジョイフル朴ノ木 宿儺の湯(岐阜高山)

ただ、立たなければ、この景色は見えません。
そりゃ、こっちから見えるってことは、スキー客からも見えるってことやしね。

休憩処は広かった。
乗鞍岳の地下1000mから湧き出す天然温泉 ジョイフル朴ノ木 宿儺の湯(岐阜高山)

ちょうど宿泊のチェックイン時間まで、ここでゆったりできたのはよかった。

深さ1000mから湧き出しているって書いてたから、その間に泉質も劣化してるんかな?
ただ、こちらの宿の本来の稼ぎはスキー客なんでしょう。
なので、このスキーできない季節に、
温泉博士掲載で知ってもらおうって魂胆やったんでしょうね。
スキーやんない、源泉かけ流し好きの私は、普段ならスルーだな(^^;)

住所:岐阜県高山市丹生川町久手446-1
電話:0577-79-2109
営業時間:10:30~18:00
定休日:無休
入浴料:大人(中学生以上)600円 子供(3才~12才)300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/686-c7bcc4ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック