関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

三重県から名阪国道を通って、関西方面に戻ります。
ここで考えたのは、お風呂どこに行こ?ってこと。
なかなか、四日市~鈴鹿にかけて、ええ温泉ってないんですよね。
なので、出来るだけ節約もしつつ、且つ温泉が湧いている施設ってことで、
白羽の矢が立ったのが、亀山市にあります、亀山温泉「白鳥の湯」です。

入浴料たった300円の公営温泉施設!亀山温泉 白鳥の湯(三重亀山)

見た目、町の公共施設のように見えますが、まさにその通り。
総合保健福祉センター内に、温浴施設があるんですよ。

玄関入って、こっちの方が、温泉の受付。
入浴料たった300円の公営温泉施設!亀山温泉 白鳥の湯(三重亀山)

逆側では、公務員さんが平日ですから働いておられます。

券売機方式。
入浴料たった300円の公営温泉施設!亀山温泉 白鳥の湯(三重亀山)

公営施設なんで、銭湯値段よりも安いんです。
施設は相当、綺麗やのに、たった300円。
これで温泉ですからね~
このお値段で、この清潔な施設は他ではなかなかない。

こちらは露天の風景。
入浴料たった300円の公営温泉施設!亀山温泉 白鳥の湯(三重亀山)

この露天と、内湯の構成となっています。
このお値段ですから、サウナもなく、またアメニティの類もありません。
シャンプー類は用意していきましょうね。

そのお湯は、緑色に少し濁っております。
入浴料たった300円の公営温泉施設!亀山温泉 白鳥の湯(三重亀山)

こっちの露天は塩素臭はせんかったけど、内湯は結構してましたね。

泉質表から分析してみましょうか。
入浴料たった300円の公営温泉施設!亀山温泉 白鳥の湯(三重亀山)

もう1枚。
入浴料たった300円の公営温泉施設!亀山温泉 白鳥の湯(三重亀山)

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)で、
源泉温度40.1度、PH値8.1となっています。
加水はなしだが、加温、循環ろ過、塩素消毒はあり。

成分的にさほど特徴がある温泉ではないけれども、
そのアルカリのヌルヌルぬめり感は、さすがに加水されていないだけあって、
非常に肌に優しく伝わってきます。
こじんまりとした施設だけに、
その泉質には循環といえどフレッシュ感を感じますね。

これでアメニティ附帯で600円くらいの入浴料なら、厳しい評価もしますけど、
なんせ300円です、お得感は非常に感じることができました。
鈴鹿からも近いし、F1観戦車中泊時の立ち寄り湯利用にも、
ええなと思いましたね(^^)

住所:三重県亀山市羽若町545(総合保健福祉センターあいあい内)
電話:0595-84-3311
営業時間:10:00~20:00(受付19:30まで)
定休日:火曜日(祝日の場合は水曜日) ・年末年始(12/29~1/3)
入浴料:一般300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/658-52465ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック