関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

神戸にある銭湯は、どこも泉質がよくって、
お気に入りのところも多いんですけど、
その中でも、ここはよく行っていますね。
営業時間も長くって、駐車場も完備されているので、
利用が非常にしやすいんですよ。
「六甲おとめ塚温泉」を再訪した記事を再び書きます。

六甲おとめ塚温泉(神戸JR六甲道)温泉銭湯

外観の見た目はですね、この神戸阪神間の銭湯によくある、
「湯あそびひろば」の系列で、
さほどそんな泉質にこだわった銭湯には見えないです。
しかし見た目とは裏腹に、その実力はとてつもないんよな。

その料金。
六甲おとめ塚温泉(神戸JR六甲道)温泉銭湯

神戸銭湯統一料金の、大人420円。
銭湯なので、ボディソープ、シャンプーなどの備え付けはありません。
またサウナも別料金で、350円となります。

中の造りは、こういう「湯あそびひろば」系列どこも似てますね。
脱衣場を出て、階段で上へあがっていくと浴槽があります。
ただ、ここ、六甲おとめ塚温泉は露天のスペースが広い。
源泉浴槽と、水風呂があるんですけど。
天井はオープンになっているので、なかなか開放感あります。

その泉質。
六甲おとめ塚温泉(神戸JR六甲道)温泉銭湯

もう1丁!
六甲おとめ塚温泉(神戸JR六甲道)温泉銭湯

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性温泉)です。
源泉温度は40.6度、PH値7.5。
PHがこの値ですから、アルカリのヌルヌルさは感じません。
ですが、この温度の源泉かけ流しですから、ヌルメ好きな私としては、
冬の露天でこの温度は最適ですね、すっごく長湯もできて、心地いい。
またその泉質は、メタケイ酸が100mg以上と多く含まれているので、
それらしい肌触りも感じますね、泡付きも素晴らしいです。

全国規模で見ても、都会市街地にある温浴施設では、ピカイチの銭湯。
しかし、近くに私はもっとお気に入りの、灘温泉水道筋店があるからな。
私好みのヌルメ温度(34度)の泉質で、ボディソープ・シャンプーつきの値段ですから、
どうしても、灘温泉に行く頻度が高くなるんよな~
「灘温泉」水道筋店の記事はこちら!
http://onsen.holy.jp/nadasuidousuji.html

住所:神戸市灘区徳井町3-4-14
電話:078-851-2228
営業時間:6:00~翌1:00
年中無休:年中無休
入浴料:大人420円 中人160円 小人60円 サウナ350円
手ぶらセット850円(サウナ含む)。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/632-c711dfdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック