関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

大阪周遊パス(スルッとKANSAI)を使った日帰り旅の1施設め。
今回このフリー乗り放題チケットを購入を決めたのも、
温泉施設も2つ、無料で利用できるんもあったんで。
スパスミノエとどっちにしようかと思ったのだが、
立地とスケジュール的に、こちらの施設をチョイスしました。
天神橋筋六丁目にある、天然温泉「なにわの湯」です。

天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

パチンコ屋のある巨大複合ビルの最上階にあります。
今回は電車での利用でしたが、駐車場も無料利用できるんで、
その点、都心の施設にしては、交通の便がええですね。

で、土日祝は朝早く8時から営業しています。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

この時間から開いているのも、ここの施設を決めた理由ですね。

8階にエレベータで上って、エントランス部分付近。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

散髪屋さんや、マッサージ、レストランなど、
ちょっとごちゃっとした雰囲気。
まあ、1フロアに凝縮していますからね。
ただ、脱衣場は非常にゆったりスペースとっているので、
その点、手狭感はないです。

こちらが、露天風呂大浴槽の写真。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

露天のスペースも結構広めにとられております。
また内湯も、ナノバブルで白濁させた湯、入浴剤投入のお湯、
ブラックシリカ鉱石を沈めた湯など、ちょっとした工夫感がありますね。

で、この都心で温泉の泉質はいかがなもんなんでしょうか。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

続き。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

もう1枚。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、源泉温度35.3度です。
すべての浴槽に温泉が使われているとのことですが、
加水・加温・循環濾過・消毒・除鉄・除マンガンと、
ここまですると全く温泉らしさは微塵も残っておりません。

ただ、露天に一つちょっと小さめの源泉浴槽があります。
10人も入れない、7人くらいでいっぱいかな。
お湯はちょっと黄緑がかった色をしており、硫化水素臭も感じ、
泡つきもある、源泉らしさを感じるお湯です。
しかし、かけ流しではなく、加温、循環、塩素消毒されているので、
薄さは否めません。

大阪都心のスーパー銭湯で、
このレベルの源泉を持つ施設はなかなかないので、この点は評価できます。
また、大阪梅田からでも近いので、使い勝手はええですね。

住所:大阪市北区長柄西1-7-31
電話:06-6882-4126
営業時間:平日10:00~翌1:00(24:00 受付終了)
土日8:00~翌1:00(24:00 受付終了)
定休日:年中無休(メンテナンス臨時休あり)
入浴料:大人 800円、小人 400円、幼児 150円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/625-c7bf6b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック