関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

和歌山北部の日帰り旅行にて、有田郡湯浅までやって来ました。
ホントはここまでやって来ると、南紀白浜まで足を延ばしたいところだが、
後々のスケジュール的に、それはムリ。
ってことで、今回利用したのがここ、「二の丸温泉」です。

二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

山を結構登っていったところにあります。
ここは徒歩ではまあムリでしょうね。

外観もう1枚。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

こんなログハウス調になっており、地下1階+2階建てって構成でしょうか。
1階が売店、2階が休憩処、そして地下が温泉への入り口になっています。

こちらが内湯。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

露天はまた別にありますので、後で紹介。
脱衣所はこの規模にしては狭かったですね。

まずはその泉質を分析してみましょうか。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

源泉温度32.4度、PH値10.0のアルカリ単純泉。
このPH値は相当高いですよね。
なので、かなりのヌルツル感を期待してしまいますが、
加温、循環ろ過、塩素消毒ありで、加工されてしまっており、
残念ながら、そこまでのアルカリ感は味わえませんでした。

露天へは別の入り口から、さらに階段で降ります。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

ここの露天はちょっと面白い造り。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

もう1枚。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

半地下形式になっており、軒先だけがオープンです。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

これだけ下に位置しているので、全く景色はよくない。

こんな山の中なんやから、もっと眺望を気にして造ったらよかったのに。
暗いイメージがあって、あまり好きではない露天です。
あ、あと泉質ですが、内湯とほぼ変わらず。
泉質に期待して行く施設ではないです。

あと、地下水が美味しいのかコイン式の自動販売機がありました。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

この水は脱衣場でも飲めるように設置されておりました。
泉質、施設設備、眺望、いろんな要素でイマイチ感が否めない。
大阪方面から、和歌山にやって来るなら、和歌山市街地には、
花山温泉や、本町温泉のようなええ泉質があるし、
さらにもうちょい頑張って、南へ車を走らせたならば、
これまた泉質のええ、南紀白浜に辿り着けますしね。
この有田湯浅で、わざわざ温泉に浸かる必要はないかと思います。

住所:和歌山県有田郡湯浅町山田1638-1
電話:0737-64-1826
営業時間:10:30~19:30(閉館20:00、時期により異なる)
定休日:第4火曜(祝日の場合は第5火曜休)
入浴料:大人500円、中学生400円、小学生250円
駐車場:あり 40台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/624-9cd10829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック