関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

大分竹田「長湯温泉」共同湯めぐり1軒目。
過去、何度かこの長湯温泉は訪問しているが、
泉質が非常に自身の好みと合っているんですね。
一番代表的な日帰り入浴施設であるここなんてお気に入りです。
「ラムネ温泉」の記事はこちら!

そしてこちらの地区は共同湯も豊富にあるんですね。
その共同湯めぐりを今回の旅ではプランニング。
まず1軒目「天満湯」にやって来ました。

天満湯(大分竹田・長湯温泉)共同湯

ご覧の通り、町のちっさい公民館風情です。

入り口はこんな感じ。
天満湯(大分竹田・長湯温泉)共同湯

無人の施設なので、入浴料100円を投入し、
回転扉から中へ入る方式になっております。

ここ長湯温泉の説明書き。
天満湯(大分竹田・長湯温泉)共同湯

もう一つ。
天満湯(大分竹田・長湯温泉)共同湯

特徴は相当高濃度の炭酸泉なんですよ。
よくスーパー銭湯で人工の炭酸泉が流行りとなっていますが、
天然の炭酸泉はホント、めっちゃ気持ちええです。

こちらの施設はこの内湯のみ。
天満湯(大分竹田・長湯温泉)共同湯

ま、共同湯どこでもそうですけどね(^^)
施設としては、全く綺麗さ、明るさがありませんが、
共同湯としてはこんなもんでしょう。
あと、脱衣場は鍵付きのロッカーなんてないので、
貴重品の管理は充分注意してください。

しかし、さすがにお湯は極上です。
天満湯(大分竹田・長湯温泉)共同湯

白も混じった薄緑色の濁り湯になっています。

泉質表から分析してみましょう。
天満湯(大分竹田・長湯温泉)共同湯

もひとつ。
天満湯(大分竹田・長湯温泉)共同湯

さらに。
天満湯(大分竹田・長湯温泉)共同湯

源泉温度43.3度、PH値6.8のマグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉。
ちょうどええ温度で湧きだしているので、一切の加工はありません。
源泉100%のかけ流しです。

まあ、この浴槽の析出物を見て分かるとおり、その濃さはすごい。
天満湯(大分竹田・長湯温泉)共同湯

温度はこの源泉をどばどば投入しているので、
源泉温度並42度以上に感じました。
ただ、この温度になると炭酸泉の泡つきってないんですよね。
(湯も濁っているので、よくはわかりませんが)

改めて、その泉質の力強さを実感。
すごいな長湯温泉。
別府よりもお気に入りです。
一度どっかの旅館に宿泊して、ゆっくり滞在してみたいですね。

今回は共同湯めぐり、さあ、2軒目に参りましょう。

住所:大分県竹田市直入町長湯7773-6
電話:なし(無人です)
営業時間:6:00~22:00
定休日:なし
入浴料:100円
駐車場:あり


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/618-1fda4645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック