関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

大分別府駅周辺での共同湯めぐり2軒目。
冬やけど、温泉効果はすごい。
コートなんていらないくらいに体の芯からあったまっています。
暑がりの私は、別府は夏には来たくないな(^^;)
そんな中やって来たのは、「永石温泉」です。

永石温泉(大分別府)共同湯

まず、この見た目、ホントに共同湯?って思いました。
建て替えたのはごく最近なんでしょうか。
見た目は昔の風情を残しつつ、現代的な建物です。

いざ、中へ。
永石温泉(大分別府)共同湯

ただ造りは昔ながらでしたね。
入ってすぐに、受付番台があり、そこから左右に男湯、女湯に分かれます。
そして、脱衣場と浴場は一体型の別府によくあるタイプ。

こちらの共同湯も入浴料100円です。
永石温泉(大分別府)共同湯

ここでは泉質表撮らなかったので、先に書いておきますね。
源泉温度49.3度、PH値8.1の弱アルカリ性単純温泉。
この温度なので、加水、加温一切なしの100%源泉かけ流しなんですけど、
浴槽の中から投入されているので、水道水を蛇口ひねって入れないと、
まあ、熱いの苦手な方でしたらムリでしょうね。

その浴槽はこんな感じ。
永石温泉(大分別府)共同湯

脱衣場から1段下へ階段で降りていきます。
このあたり造りは、「竹瓦温泉」や「浜脇温泉」と似ています。
(全体的に、永石温泉はこじんまりですけどね)

で、浴感ですが、想像通りに熱い。
43度は完全に超えているかな、44度前後くらいかなと思いますが。
私は外様なので、蛇口操作の水道水投入はできず、
我慢して肩まで浸かります。
お湯は完全に無色透明でさっぱり、アルカリのツルツル感もなく、
クセが全くありません。
この点、ヌルメ、ドロドロ、ツルツルと、
かなりクセのあるタイプを好む私には、物足りないってより、
泉温の熱さで、我慢比べをしているかのようです(^^;)

もし、別府代表格の「竹瓦温泉」に行ったならば、
ここは、はしごする必要は全くないですね。
造り、泉質とも、ほぼ竹瓦温泉のミニ版と言う感じです。

そんじゃ3軒目さらに北西に向かいましょう。

住所:大分県別府市南町2-2
電話:0977-26-5789
営業時間:6:30~22:30
定休日:年末大掃除日(不定)
入浴料:100円
駐車場:なし


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/614-6dc8916f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック