関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

この前夜は大分市街地で過ごしました。
「いざ国道九四フェリーで四国から九州へ上陸!」3日目後編記事はこちら!

この日はあと別府へ移動するのみでしたので、ゆっくりと行動。
駐車場から車を出して、
たっぷり大分の泉質を味わおうとやって来たのがこちら。
神崎温泉「天海の湯」です。

神崎温泉 天海の湯(大分市)別府湾を一望の絶景温泉

見ての通り、大分の共同湯風情ではなく、綺麗な施設。
朝の身支度をするには、こういうとこの方がええですからね。

こちらの施設の特徴はなんと言ってもこの景色!
神崎温泉 天海の湯(大分市)別府湾を一望の絶景温泉

もうひとつ。
神崎温泉 天海の湯(大分市)別府湾を一望の絶景温泉

海沿い、小高い山に立地しておりますので、
海の景色が素晴らしいんですよ。
この日はええ感じに晴れておりまして、さらに気持ちいいです。

それでは中に入ってみます。
神崎温泉 天海の湯(大分市)別府湾を一望の絶景温泉

受付したあとは階段を下って、男女別の浴場へ。
内湯と露天風呂がこじんまりと配置されております。
上の写真は、露天風呂からの眺望です。

その泉質表。
神崎温泉 天海の湯(大分市)別府湾を一望の絶景温泉

源泉温度40.2度、PH値8.3の弱アルカリ性単純温泉。
温泉の利用状況は「加水」のみとの表記だが、ホンマに??
この源泉温度で、さらに水加えたら、かなりぬるくなるでしょうに。
「加温」のみの間違いではないか?と思いました。

実際に浸かってみる。
神崎温泉 天海の湯(大分市)別府湾を一望の絶景温泉

びっくりしたのは、焦げ茶色のモール泉だってこと。
大分では、モール泉は初めてやったので、この泉質もあるんや~
ホンマ、温泉大国だけあるわって感。
ヌルヌル、ツルっとした浴感は素晴らしいし、
こりゃほとんど加工されていないなってのがよく分かります。
温度は、41~2度くらいなので適温。
なので加温だけ、されてるんやと思うんですけどね~

あとアメニティは、炭関係を置いてくれてました。
神崎温泉 天海の湯(大分市)別府湾を一望の絶景温泉

この炭か馬油置いてくれている施設は、
自身、評価少し高めになります(^^)

大分には500円以下で入浴できる施設が、ゴロゴロあるので、
この入浴料500円は高いかもしれない。
しかし、それを補う眺望とアメニティ、
そしてレベルの高いモール泉と、言うことなしです。
朝からどっぷりこの泉質に浸かれて大満足ですね。

住所:大分県大分市大字神崎62-8
電話:097-537-7788
営業時間:8:00~翌1:00
定休日:なし
入浴料:大人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/610-e07cd758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック