関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

南海フェリーで四国徳島に渡ってきて、はじめての温泉。
徳島の市街地ってことで、泉質にはあまりこだわりはせず、
その日の仕事、そして旅の始まりの移動も完了ってことで、
ゆっくり湯船に浸かれる施設を探しておりました。
すると、こちらの施設が近いことを発見。
天然の湯「あいあい温泉」に立ち寄り湯です。

天然の湯 あいあい温泉(徳島市)

見た目はちょっとこじんまりとしたスーパー銭湯って感。
入浴料金も500円とリーズナブルに抑えられており、
シャンプー・ボディーソープのアメニティも備え付けられています。

駐車場の入り口近辺にこんな方がおられた。
天然の湯 あいあい温泉(徳島市)

何体かおられたが、どんな意味があるんだろ?不明。
しかし夜22時半は、駐車場にはひっきりなしに車の出入りがありました。
地元民には、非常に人気が高いのがよく分かります。

まずは、その泉質からじっくり分析してみましょうか。
天然の湯 あいあい温泉(徳島市)

天然の湯 あいあい温泉(徳島市)

天然の湯 あいあい温泉(徳島市)

天然の湯 あいあい温泉(徳島市)

源泉温度18.8度で、ナトリウム・マグネシウムー塩化物冷鉱泉。
PH値7.2の高張性中性冷鉱泉で、
加水なし、加温あり、循環あり、塩素消毒ありのお湯です。
この泉質表を見る限りは、しょっぱい系の温泉だなって特徴ですね。

その内湯。
天然の湯 あいあい温泉(徳島市)

そして露天から見た内湯の図。
天然の湯 あいあい温泉(徳島市)

大浴槽の他にも、バイブラ・ジェットなどのアイテムバスもあり、
サウナもちゃんとありました。
中でも私が気に入ったのが人工のシルク風呂。
これがしっとりとしたぬるめの温度で、まったりできました。
ただ、内湯の大浴槽には温泉感を感じません(白湯でしょう)でしたね。

そして、こちらが露天。
天然の湯 あいあい温泉(徳島市)

もう1枚。
天然の湯 あいあい温泉(徳島市)

立派な岩風呂になっています。
景色は市街地なんで、まあ拝めないと思ってもらえたら。
こちらのお湯は少しは温泉らしさ、塩っ気を感じることができましたが、
まあ、それもごくわずか。
加温して、循環させるとどうしてもここまで泉質は落ちてしまうよな。
しかし、塩素臭はほぼ感じられませんでしたね。

まあ、泉質にこだわって行く温浴施設ではないです。
しかしワンコインでアメニティしっかりしてるし、施設自体も清潔やし、
テレビ付きの大きめのサウナもあるしで、街中のスーパー銭湯としては、
全く文句のつけどころがないですね。
まあ、わざわざ遠方から来て、この温泉目当てにってことはないですけど、
地元民からすれば、ありがたい施設でしょう。

住所:徳島県徳島市川内町平石若宮185-1
電話:088-665-7788
営業時間:平日/祝日8:00~24:00
土曜日と祝日の前日8:00~翌1:00
日曜日7:00~24:00
再入浴可能:祝祭日を除く月曜日から金曜日の10:00~14:00
定休日:第3水曜日(第3水曜日が祝日の場合は翌日)
入浴料:朝風呂(8:00~10:00)大人400円、通常(10:00~)大人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/603-c1cedbc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック