関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

和歌山の市街地は、茶褐色の濃い~温泉が湧く地域であります。
中でも有名なのがこちら「花山温泉」ですね。
以前にも1度訪問済みなんですけど、
なんでも夕方17時以降は入浴料が600円になると聞きました。
あの濃い~冷たい源泉には、夏に浸かってみたいなと再訪です。

花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

場所はJR和歌山駅からも東へ3km程度と、ホント市街地から近いです。

本来はこちら旅館なんですよ。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

しかし、日帰り入浴施設として有名ですね。

中に入ります。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

うん、年季の入った旅館風情ですね。
あと無料休憩に大広間や朝食会場も使えるようにしており、
日帰り入浴客への配慮がしっかりされています。

受付から浴場に向かう渡り廊下。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

飲泉場がありました。
そのままでは濃い過ぎるのか、活性水で薄めるようになっています。
また左側斜めに写っているシューターみたいなのから、
温泉がガバボコいいながら、噴き上げられていってました。
炭酸の圧力で自噴しているらしいですね。

そのお湯はこんなのです。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

こちらは露天の浴槽ですが、どの温泉浴槽もこんな色合いです。

その泉質表。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

もう一つ。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

含二酸化炭素・鉄-カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、
源泉温度が25.5度、PH値6.4の泉質。
この温度そのまま26度の源泉浴槽が内湯に1つ、そして大浴場が41.5度、
そして低温浴槽が38度、露天が40度と加温されています。
源泉浴槽は消毒も全くなしの完全源泉かけ流しという素晴らしいお湯です。

こちらは露天からの風景。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

街中なので、眺めはあまりよくはありません。
しかし、こちらの温泉の力強さがあれば、全くそんなのも気にならない。
あと内湯には白湯のジェットバスなども配置されており、
嬉しいのはサウナがあるところ。
26度と冷たい源泉浴槽との交互浴はめちゃめちゃ気持ちええです。

1000円はちょっと高いよな~って思っていたけど、
この夕方17時以降の600円は非常にお得感あります。
京阪神で市街地にある温泉施設では、最高の泉質でしょう。
ぬるめで濃いめ好きな私には、ぴったりの浴感です(^^)

住所:和歌山県和歌山市鳴神574
電話:0734-71-3277
日帰り入浴時間:8:00~23:00
日帰り入浴料:大人1000円(17:00以降は600円)
定休日:木曜日(祝日は営業)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/593-34905d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック