関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

乗鞍高原に到着。
この近辺の硫黄泉は、非常に私は好き。
白骨温泉なんぞはモロタイプですね。
そんな中、以前から行ってみようと思ってた施設。
乗鞍高原温泉「湯けむり館」にやって来ました。

乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

オープンの9:30少し前に到着しましたが、
駐車場には結構な車が・・・
このこじんまりとした施設の割には、
相当人気の日帰り温泉施設ですね。

温浴にレストラン、休憩所といった構成。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

綺麗な施設なので、スーパー銭湯慣れした方にも大丈夫です。

さあ!混まないうちに、一目散に浴場に入ります。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

こちらが内湯。

そして露天です。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

浴場はこれだけ、他にサウナやジェットバスってもんはなく、
想像以上に狭いなって印象。
ただ、白濁したお湯とプンプンの硫黄の香りが、
私を惹き付けてくれますね。

その泉質表。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

もう一つ。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

単純硫黄泉[硫化水素型](低張性弱酸性高温泉)で、
源泉温度:46.4度で、PH値が3.12。
加温は時期によってしているとのことですが、完全源泉かけ流しです。
各温度計は、内湯が40度、露天が42度を指していました。

その露天からの風景。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

乗鞍岳が綺麗に見えます。
しかし、この客の入りに対し、この露天は非常に狭い。
ほぼ常に満杯状態でした。

それに対して、内湯の景色。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

こちらからも乗鞍岳他、山々の風景を眺めることができます。
こちらの浴槽の方がぬるく、そしてゆったりと広めなので、
私はもっぱらこちらで。
しかし、この泉質は酸性でさっぱりしているんですが、
硫黄成分がじわじわ浸透していくのが分かります。
気持ちええよな~

泉質は、全く申し分なし!!
しかし700円の入浴料をとる施設としてはどうでしょう?
この狭め露天と内湯のみですからね。
近くの白骨温泉まで行けば、800円でこちらの施設が利用できます。
白骨温泉「泡の湯旅館」の記事はこちら!

そしてなんといっても、全く同じ泉質をこちらでは無料なんですよ!
乗鞍高原温泉「せせらぎの湯」の記事はこちら!

そう考えると、朝一番の混まない時間帯に「せせらぎの湯」を堪能し、
その後、白骨温泉へ向い「泡の湯旅館」で日帰り入浴が、
一番この近辺の温泉を楽しむベスト方法ではないでしょうか。

住所:長野県松本市安曇鈴蘭4306-6
電話:0263-93-2589
営業時間:9:30~21:00(受付は20:00まで)
定休日:無休
入浴料:大人700円(中学生以上) 小人300円(3歳以上)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/587-f781d977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック