関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

東京という町は、温泉の湧き出る銭湯という点では、
泉質的にはあまり満足できる所はありません。
ただ、昔ながらの下町には銭湯は結構密集して残っていますね。
そんな中、今回も温泉銭湯をいくつかピックアップ。
一番、行ってみたいなと思った第一候補へ突入。
品川にあります、「天神湯」です。

北品川温泉 天神湯(東京品川)温泉銭湯

なぜここを選んだかと言えば、スーパー銭湯並に施設が綺麗。

入っても、東京銭湯らしく全くありません。
北品川温泉 天神湯(東京品川)温泉銭湯

ここはちゃっとこじゃれた小料理屋か?って思えるような造り。

しかし、これで東京銭湯均一料金なんですね。
北品川温泉 天神湯(東京品川)温泉銭湯

450円で入湯できます。
ただし、アメニティの部類は一切置いてませんでした。
ボディーソープ、シャンプーは持参が必要です。
(但し、手ぶらセットもあります)

しかし天然温泉つきですからね。
北品川温泉 天神湯(東京品川)温泉銭湯

東京独特の黒湯が楽しめます。

浴場へ入ります。
北品川温泉 天神湯(東京品川)温泉銭湯

外観とおなじく、おしゃれな雰囲気です。
中はこじんまりとまとまっている感じ。
サウナもありませんし、露天もない。
まず洗い場があって、そしてジェットもある白湯の大浴槽。
そして、その奥に黒湯の天然温泉ってな構成。
あ、ここは少し天井に空が見えました、半露天になっています。

こちらがその黒湯浴槽です。
北品川温泉 天神湯(東京品川)温泉銭湯

透明度が全くありません。

その泉質表。
北品川温泉 天神湯(東京品川)温泉銭湯

もう一つ。
北品川温泉 天神湯(東京品川)温泉銭湯

ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉で、源泉温度17.8度、PH値8.4と、
ちょっとアルカリ寄りの冷たい泉質です。
加温、循環されており、塩素消毒もあり。
まあ、都心の銭湯としては仕方ないでしょう。

浸かってみる。
北品川温泉 天神湯(東京品川)温泉銭湯

東京らしい少し熱め、42度ちょっとくらいの体感温度か。
若干アルカリのヌルツル感は感じられるけど、所詮、循環。
こういう黒湯系では、北陸金沢や北海道帯広にも同じ泉質があるが、
遙かに及ばない。
金沢、金城温泉の記事はこちら!
帯広、華のゆ幕別の記事はこちら!

うん、綺麗な銭湯で居心地はよかったんですけど、
施設の充実って点ではイマイチか。
追加料金でもサウナなしってのがね~
あと、私は露天大好き人間なので、もっと開放感があったらな。

住所:東京都品川区北品川2-23-9
電話:03-3471-3562
営業時間:15:00~翌1:00
定休日:金曜
入浴料:大人450円、中人180円、小人80円
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/584-c5e21a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック