関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

大阪市内にあるスーパー銭湯でも、泉質重視の銭湯がいくつかある。
そんな中、お湯の全部に温泉を使用しているという
とんでもないスーパー銭湯を見つけた。
スーパー銭湯の規模で、すべてに温泉を使えるとはどれだけの湧出量なのか?
ということで、思いたったら即行動で立ち寄りました。
「くつろぎの郷 湯楽」です。

湯楽 大阪

入り口を抜けると・・・
湯楽 大阪

非常に落ち着いた雰囲気。
またお湯は男女交互に日替わりで入れ替わります。
片方は岩風呂主体、もう片方は檜風呂主体で造られているみたいだ。
その日、男風呂は岩風呂のほうでした。

さあ、券売機で券を買って。
湯楽 大阪

平日は大人700円、休日は750円です。
また岩盤浴の施設も併設されています。

まずは温泉、温泉っと♪
あ、ここは全て温泉でしたね(^^;)

これが露天の岩風呂です。
湯楽 大阪

源泉の温度は28.2度なので加温されています。加水はなし。
夏場なのかその温度は40度と少しぬるめ。
夏にはこのぐらいの温度がちょうどいいですね。
色は薄黄色がかっていて、泡つきはなく、さっぱりした感じ。
少し硫黄臭がして、そこそこ泉質はええ感じに思います。
源泉掛け流しに一部循環ろ過を併用してるらしいです。

サウナは普通のと、塩サウナの2種類。
湯楽 大阪

この辺は普通の設備ですね。

しかし、温泉でないお湯がありました!
湯楽 大阪

これ死海風呂なんですよ。
体がぷかぷか浮かびます。
ここで5分くらい浮遊して楽しんでいたかな。
これは面白いですね。

あがってからの休憩所もしっかりあります。
湯楽 大阪

この温泉湧出量とそこそこの泉質。
そしていろんなお湯を兼ね備えた設備の充実。
これだけまとまったスーパー銭湯には近年お目にかかったことありません。
欲を言えば、加温なしのお湯(水か)の源泉掛け流しに浸かりたいところであるが、
相当レベルが高いスーパー銭湯です。

住所:大阪市住之江区北加賀屋3-5-37
電話:06-4702-4126
営業時間:10:00~翌2:00(最終受付AM1:00)
定休日:年中無休

泉質:単純温泉(低張性・中性・低温泉)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、
くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
泉温:28.2度
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/58-7f1961b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック