関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

夏の暑い最中・・・家のエアコンで涼むよりも、熱いお湯に入って、
ぼーっと寝転ぶのもええストレス解消になります。
海の眺めが見えるという、三宮のちょっと東の海岸沿いにあります、
「HAT なぎさの湯」に今回立ち寄りました。

HAT なぎさの湯

この辺りは高層マンション群が立ち並んで、一大住宅施設です。
その中、この「なぎさの湯」も見た目はスーパー銭湯の派手派手しさがありません。
白を基調とした、すごく晴れやかな空に見栄える外観です。

さて、中に入りましょ。
入浴料金は800円ですが、クーポンがありますので、100円引きの700円に。
まあ、ごくごく普通のスーパー銭湯ですな。

さて電子管理式のロッカーキーを受け取ります。
このキーで館内の飲食、施設利用が可能です

1階の休憩所。
HAT なぎさの湯

館内は一部、メンバーオンリーの施設もありますけど、出入り自由。
一旦風呂からあがって、食事をとり、再びお風呂へって利用が可能です。

お風呂は2階です。
早速、中に入りましょう。

温泉、温泉、温泉を探します。
ありました!!露天の一番奥が温泉ですね。

HAT なぎさの湯

まずはやっぱりここからですな。
湯の温度はちょっとぬるめ、41.5度とデジタル温度計は表示していました。
ちょっと茶褐色に色づいている湯は加温されているようです。
元の温度は、35.9度ですからね。
循環ろ過をされていますが、塩素を使わず光触媒による殺菌ろ過器を使用しています。
なので塩素臭さは全くないお湯なのだが、いかにも循環・・・
ヌルッとした温泉感覚はわずかながらにしたものの、匂いもないし、味もなさそうです。

温泉の質にがっかりしながら、海が眺められるという売りにも期待していたから、
さらに奥へ。
しかし、やはりこんな市街地でゆったり海は眺められないんでしょう。
2つある覗き穴みたいなところから、立って見渡す形となります。
よく、城に外壁から鉄砲撃つための穴があるじゃないですか、
あんな感じです。
こんなところから、単に埋め立てられた運河を見てもしょうもないです。
まあ、潮風は心地よくあたって気持ちよかったですけど。

この露天岩風呂以外は温泉は使われていない。
そして設備としては、どこのスーパー銭湯にもあるようなもん。
サウナはロッキーサウナとタワーサウナの2つあるんで、
この点だけがええ感じかな。

温泉の質、設備とも全く魅力がないです。
スーパー銭湯でも温泉の質にこだわっているところはいくらでもあるし、
海が眺められるという点では、明石、大蔵海岸の「龍の湯」が、
明石海峡大橋の眺望も眺められて最高です。
交通費を少しかけてでも「龍の湯」利用がええですよね。

龍の湯記事はこちら!

住所:神戸市中央区脇浜海岸通1-3-3
電話:078-231-4126
営業:10:00~26:00(最終受付25:00)
定休日:年中無休
入浴料金:大人800円、小人(小学生以下)400円、幼児(3才~)250円
250台収容の大駐車場あり(入浴施設利用で3時間無料)

温泉名:なぎさの湯
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 35.9度
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
備考:館内で再入浴可
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/57-49d519c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック