関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

山陰地方西から東への横断旅。
最後は京都京丹後、舞鶴あたりから南下して大阪へ戻ります。
その前に、その日最後の温泉を堪能しましょうか。
綺麗に頭も体も洗いたかったので、アメニティがちゃんと揃っている、
ホテルの日帰り入浴にしときましょう。
小野小町温泉「セントラーレホテル京丹後」を訪問しました。

小野小町温泉 セントラーレホテル京丹後(京都京丹後)

高台に建っており、景色の眺めを期待。

ロビー前の待合所。
小野小町温泉 セントラーレホテル京丹後(京都京丹後)

そして、外ではバーベキューもやっておりました。
小野小町温泉 セントラーレホテル京丹後(京都京丹後)

広々とゆったりとした施設で、宿泊もよさげですね。

泉質表。
小野小町温泉 セントラーレホテル京丹後(京都京丹後)

もう一つ。
小野小町温泉 セントラーレホテル京丹後(京都京丹後)

含弱放射能-ナトリウム-炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性低温泉) で、
源泉温度33.0度で、加水・加温・循環ろ過・塩素消毒ありと、
お見事なくらいに加工されています。

こちらが内湯の様子。
小野小町温泉 セントラーレホテル京丹後(京都京丹後)

施設の規模からすると、お風呂はこじんまりかなって印象。

あと、内湯にはこんな打たせ湯があります。
小野小町温泉 セントラーレホテル京丹後(京都京丹後)

サウナはありませんでした。

そして露天。
小野小町温泉 セントラーレホテル京丹後(京都京丹後)

高台に位置していたので、景色もええかと思ったら囲いだらけ。

さーて、泉質はどうかな。
小野小町温泉 セントラーレホテル京丹後(京都京丹後)

少し黄色味がかったお湯で、アルカリらしいツルツル感はあります。
まあ、しかし源泉かけ流しのフレッシュはなく、ちっとくたびれた印象ありますね。

うーん・・・あまり期待はしていなかったけど、
それなりかな~って印象。
泉質、露天の眺め、設備・雰囲気、どれもが物足りなかった。
なにかしら特徴ってもんが欲しかったですね。

住所:京都府京丹後市大宮町三坂有明105-15
電話:0772-68-1122
日帰入浴営業時間:10:00~22:00(受付は21:30まで)
定休日:無休
日帰入浴料:大人(中学生以上)500円 小人(4歳~小学生)300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/566-ce2f2312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。