関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

岡山湯原温泉が全国に有名なのは、この混浴があるからであろう。
岡山、湯原温泉「砂湯」の記事はこちら!

私も2度ほど利用したことがあるが、その開放感と、立地の行きやすさから、
無料混浴露天としては、関西では川湯温泉の千人風呂と共に、
評価の高い温泉である。

女性の混浴への敷居も、女性専用の脱衣の囲いもしっかりしてるし、
バスタオル巻きでの入浴もOK(但し水着は不可)であるから、
入りやすいとは思うんですけどね。

どうしても混浴は・・・って方には、こちらにも露天風呂があります。
下湯原温泉の「ひまわり館」にやって来ました。

下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

レストラン、おみやげ物コーナーも併設されているので、
道の駅みたいな施設です。

泉質表はこんな感じ。
下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

もう一つ。
下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

アルカリ性単純温泉で、源泉は38.8度、PH値9.5の泉質。
ただ残念は、加温されており、循環、塩素消毒ありと加工されています。
泉質表を見る限りは、湯原らしいアルカリ泉質なんだけどな~

その浴槽は一つだけ。
下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

この露天浴槽のみです。

さーて、浸かってみる。
下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

え?意外とツルツルしており、アルカリらしさがたっぷり。
さすがにもとの泉質がええんでしょうね。
加工されているとはいえ、これは立派です。
特に投入口付近のお湯にフレッシュさを感じました。

ただ、周りの景色は囲いがあるんで、残念。
下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

まあ、オープンな混浴露天やないから仕方ないか。

露天のみのシンプル構成ですが、その銭湯価格と、
湯原温泉らしさを感じる湯という点では、
合格点の日帰り施設やと思います。
まあ、しかし、私は砂湯をオススメしますね(^^)
敷居は低いですよ。

住所:岡山県真庭市下湯原24-1
電話:0867-62-7080
営業時間:10:00~22:00(冬期:~21:00)
定休日:無休
入浴料:大人420円 小人210円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/563-af167a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック