関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

難波で朝帰りのその日・・・
は、は、は、まーた朝まで飲んでしまった(^^)
飲み始めの時間が21時とかですと、自然と朝までになるな~
ま、次の日はなんも仕事ないからできるんですけどね。
ってことで以前からやろうと思っていたことを実行。

スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

こんなことをやってる、カプセル&スパがあるですよ。
朝食バイキングと朝風呂のセットで1200円。
これで、朝5時~昼12時まで滞在できます。
朝飯食って、風呂入って、リクライニングで仮眠・・・
なーんて至福な時間を送るために来訪、スパ&カプセルホテル「スパディオ」です。

スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

難波からはちょっと西に歩きますね。
駅では桜川駅のすぐ近くです。

フロントの様子。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

奥には無料のインターネットPCも置いてあり、
ちょっとした調べ物もできます。

大浴場はビルの中ですから、少し狭め。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

まあカプセルホテルの併設ですからこんなもんでしょう。

しかし半露天もあります。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

眺めはこんなの。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

まあ、街中のビルですから、期待はしてませんでしたけどね。

サウナももちろんあります。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

あと、塩サウナに、ラドン湯なんてのもありました。

で、泉質ですね。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

低張性弱アルカリ性の単純泉、源泉温度は38.7度でPH7.9
源泉自体があまり特徴ありませんが、
これをさらに加温、循環、塩素消毒させてますから白湯と変わらない。

けど・・・
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

この表記見てなんじゃ?って思いましたよ。
「加温・減温」・・・「減温」って何????
この38.7度って源泉温度から、おそらく加水のことでしょうが、
こんな書き方してる温泉施設初めて見た。

さーてお風呂から上がって、一眠りしましょうか。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

まず、こちらの漫画が置いているコーナーでも仮眠してる人間多いですね。
ちょっとここでは寝られないなと上のリクライニングコーナーへ。
しかし、ここのリクライニングって席に液晶テレビがついているタイプじゃない。
テレビぼーっと眺めながら仮眠しようかと思ってた私としては、
これやったら、家に帰ってテレビ見ながら寝た方がええやんと結論。

大浴場も何度も入りたいと思わせてくれるような泉質、
そして設備でもなかったので、時間いっぱい満喫せずに帰路につきました。
施設としては何度も利用したいとは全く思いませんでしたね。

さーて、朝食バイキングはどうでしょうか?
スパ&カプセル スパディオ レストラン 朝食バイキング編はこちら!

住所:大阪市浪速区桜川2-1-1
電話:06-6563-4126
営業時間:24時間
定休日:無休


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/554-0650e952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック