関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

車で遠征していると、必ず休憩ポイントにするのは道の駅。
あ、高速にのっているとサービスエリアも該当しますけどね。
トイレ行って、売店をぶらぶらしてると、その土地のご当地もんが色々眺められます。
食べ物大好きな私は、こういうんを眺めているだけで楽しいです。
今回、休憩に利用したのは、温泉が併設されている道の駅。
その施設が今回「温泉博士」の無料利用となっていたので、ここで休憩にしました。
飯高駅「いいたかの湯」香肌峡温泉です。

飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

まずはお土産物コーナーを色々と物色。
道の駅の産直コーナーは、いつ見てても心がウキウキしますです、はい(^^)

こちらがレストラン、天然温泉の入り口。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

まずは泉質表から分析しましょうか。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

もう一つ。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(中性低張性冷鉱泉)。
源泉温度18.1度、PH値6.3です。
低温度なので、加温はもちろんされており、また循環塩素ありです。
しかし、もとが高濃度やから加水されているって・・・

こちらが内湯。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

結構広めでゆったりしています。
で、やはりどこの湯に浸かっても温泉感はないですね~
中央にある人工の薬草風呂が一番濃度が高いくらい。
あ、あとサウナもありました。

露天はこちらの大浴槽と・・・
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

壷湯があります。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

こちら露天も温泉感はありませんね。

ただ山の中なので景色はええです。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

近くを川が流れており、のどかーな雰囲気出していますね。

まあ、のんびりとはしておりますし、施設自体も広めですので、
泉質にこだわりを持たなければゆったりできると思います。
サウナもありますしね。
露天も晴れていると気持ちええですし、
道の駅での休憩のついでにいかがでしょうか。

住所:三重県松阪市飯高町宮前177
電話:0598-46-1111
営業時間:10:00~21:00(最終受付 20:00)
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)
入浴料:大人:600円、小人:300円、65歳以上:400円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/551-7b536efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック