関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

阪神間の温泉銭湯も結構回ってきたな~って印象。
ここが唯一残った、温泉が湧いている銭湯であろう。
場所は名神高速と国道2号線が交差する、少し南西に位置します、
大箇(オオゴ)温泉に今回立ち寄りました。

大箇温泉[おおごおんせん]

入浴料金は、この近辺の均一料金、大人380円です。
大箇温泉[おおごおんせん]

さーて、券も買って、ロビーへ。
大箇温泉[おおごおんせん]

20人ちょっとは座れるであろう、この規模の銭湯にしては、
ゆったりくつろげる場があります。
また結構小綺麗に清掃・整頓されていますね。

とにかく、中へ入りましょう。
やはり目指すのは、温泉が沸き立つ露天ですね~
奥へ突き進んで行くと・・・

ありました!
大箇温泉[おおごおんせん]

おおっ!都心銭湯の露天にしては、非常に空がオープンな感じ。
また、綺麗な岩風呂です。
ゆったり浸かりましょう。

温泉の泉質はこんなの。
大箇温泉[おおごおんせん]

泉質はアルカリ性単純温泉。
色合いは少し黄色がかった色をしており、
若干、鉄の風味も感じます。

特に源泉掛け流しは謳っていないので循環かな~
岩場からどばどば溢れ出ているのは、そうでしょう。
横からちょろちょろ流してたんが、源泉と書いていたので、
掛け流しかもしれません。

大箇温泉[おおごおんせん]

入った感じは温泉の質的には薄い感があるが、
そのオープンな岩風呂の感じが非常にいいですね。

また内湯にも温泉浴槽があります。
座湯ジェットと寝湯(ローリングバス)がそうで、
寝湯は結構ゆったり入浴できて心地よかったです。

あとの白湯はすべて軟水を使用しているのだそうな。
シャンプーや石けんの泡立ちが非常によくって、
肌がつるつるしてきます。

温泉の質的には普通であるが、設備の面でしっかり、
アフターメンテが行き届いているように思えました。
やはり阪神間温泉銭湯は、温泉好きには宝庫ですね(^^)

住所:西宮市津門大箇町7-17
電話:0798-26-0217
営業時間 15:30~23:30
定休日:木曜(祝日の場合は営業)
駐車場:11台分(付近に点在)
付帯設備 コインランドリー

料金:
大人(中学生以上) 380円
大人サウナ込み 510円
中人(小学生) 130円
小人(幼稚園以下)  60円
手ぶらセット※ 700円
※手ぶらセットの内訳・・・ミニ石鹸、ミニシャンプー、ミニリンス、
カミソリ、貸タオル、貸バスタオル、サウナ込み

源泉名 宮泉(みやみず)の湯
泉質 単純温泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)
湧出量 最大650リットル/分
効能 神経痛・筋肉痛・慢性消化器病・五十肩・うちみ・
関節痛・やけど・慢性皮膚病 ・冷え症・疲労回復
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/55-255986d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック