関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

新日本海フェリーに乗り込み、夜、出発します。
しかし余裕を持ち過ぎて、夕方前には小樽港に到着。
チケットを受け取って、どうしようかなと思っていました。
また小樽の町でも観光しようかなと考えていたけど、
ふと、同じターミナルビルに浴場施設があるではないか。
温泉も湧いているみたいで、ここで時間潰しましょうか。
小樽フェリーターミナル 展望風呂「パノラマ」です。

小樽フェリーターミナル 展望風呂「パノラマ」(北海道小樽)

ここのフェリーターミナルは、非常に立派ですね。
この一番上の階に位置してるんですけど、
こんな真ん中すっぽり空いた造りで、浴場なんてあるのか、少し不安。

しかしありました♪
小樽フェリーターミナル 展望風呂「パノラマ」(北海道小樽)

さすが展望風呂、港を見渡せます。

こちらが泉質表。
小樽フェリーターミナル 展望風呂「パノラマ」(北海道小樽)

もう一つ。
小樽フェリーターミナル 展望風呂「パノラマ」(北海道小樽)

含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉。
源泉温度29.3度、PH値7.9。
弱アルカリ性の泉質ですが、加温、循環塩素消毒ありです。

浴槽は2つありました。
小樽フェリーターミナル 展望風呂「パノラマ」(北海道小樽)

こんな建物なんで狭めです。
無色透明のお湯は塩っ気を感じますね。
含硫黄とありましたが、その匂いは全く感じませんでした。

こちらがジャグジー。
小樽フェリーターミナル 展望風呂「パノラマ」(北海道小樽)

どちらも湯温は熱め、42度ちょっとでしょう。
長湯はできません。

窓からの展望はこんな感じです。
小樽フェリーターミナル 展望風呂「パノラマ」(北海道小樽)

露天でもあればええんですけど、内湯からですと曇ってみえますね。

サウナ。
小樽フェリーターミナル 展望風呂「パノラマ」(北海道小樽)

この中からも、外の展望は見ることができました。
さすがパノラマって名前をつけるだけあります。

湯の温度が熱いので、あまり長くは滞在できません。
小樽フェリーターミナル 展望風呂「パノラマ」(北海道小樽)

しかしちょうどええのが、リラックスルームがあります。
前にスクリーンはありますが何も映っていません。
テレビでもやっていりゃ、暇つぶしになるんですけどね。
とりあえず、たっぷり時間あるので、仮眠いたしました。

フェリーターミナルなので、私のように、
遅れたらいけないと早めに到着される方も多いと思います。
フェリーに乗り込む前に、さっぱりとって使い方ですね。
ただ、泉質はたいしたことなく、入浴料も高いので、
フェリーに乗る・降りてからって目的がなければ、
敢えて利用する施設ではないでしょうね。

住所:北海道小樽市築港7-2 勝納埠頭
電話:0134-34-2321
日帰り営業時間:4:30~22:00(受付は21:30まで)
定休日:無休
日帰り入浴料:大人800円 小人400円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/532-1316c0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック