関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

旭岳は北海道大雪山連峰の中で一番標高が高い。
2291mの高さは、6月下旬でも雪が残っているくらいだ。
その旭岳に登るロープウェイ近くにいくつかホテルがある。
その中の一つ、グランドホテル大雪に立ち寄り湯しました。

旭岳温泉 グランドホテル大雪(北海道東川町)

見た目は山小屋ロッジ風。
いかにも登山に来た方が、好みそうな宿である。

休憩処もこんな感じで。
旭岳温泉 グランドホテル大雪(北海道東川町)

登山途中の休憩が似合いそう(^^)

温泉泉質について。
旭岳温泉 グランドホテル大雪(北海道東川町)

そして、泉質表。
旭岳温泉 グランドホテル大雪(北海道東川町)

カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。
源泉温度50.8度、PH値6.0。
完全源泉かけ流し100%を謳っていますが、
どうやって50度もあるお湯を冷ましているんだろ?

それは内湯に入ると分かりました。
旭岳温泉 グランドホテル大雪(北海道東川町)

緩やかな段々の浴槽になっており、
溢れたお湯が下流に流れるようになっております。

その一番、上段がこちら。
旭岳温泉 グランドホテル大雪(北海道東川町)

この近辺はさすがの熱さ。
しかし下流の方もほとんど冷めていませんでした。
無色透明の癖のない泉質はさっぱりしています。

こちらが露天。
旭岳温泉 グランドホテル大雪(北海道東川町)

こっちはどうやって冷ましているのか不明。
そのせいか熱くて43度以上あり、私には長湯できません。

見ての通りの透明なんですよ。
旭岳温泉 グランドホテル大雪(北海道東川町)

全くも匂いもしないし、温泉感がありません。

完全源泉かけ流し100%を謳っていたので、
こちらの立ち寄り湯を決めたわけですが、
そのよさは私には分かりませんでした。
PH値も中性やし、無色透明、無味無臭。
すいません、私みたいなぬるめ好き、温泉ひよっこでは、
あまり堪能できませんでしたね。

住所:北海道上川郡東川町勇駒別旭岳温泉
電話:0166-97-2211
日帰り営業時間:11:30~18:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人600円 小人300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/516-dc038a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック