関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

知床は今回の北海道旅の中でも、
長居したかった場所やったので、車中泊に加えて、
宿での宿泊も考えていました。
知床ウトロにあるホテル・旅館の中でも、
安くて、料理が美味しいと評判の宿があります。
楽天トラベルでの予約で、6900円。
これで1泊2食+翌日お弁当付ですから、なかなか安い。
あまり贅沢ができない貧乏長期旅ですから、
1泊2食で7000円前後ってのが頭にあったので、予算の範囲内。
ウトロ温泉旅館「しれとこ村つくだ荘」です。

ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘(北海道知床)施設・温泉編

見た目は安宿やなって印象。

こちらが私が今回泊る新館。
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘(北海道知床)施設・温泉編

部屋はバストイレなしの和室。
バスは大浴場あるからいらないけれど、
トイレはいちいち外に出るのは面倒。
今回の旅でトイレなしの部屋に泊ることも何度かあったが、
私は今後、トイレ付きの部屋は必須かな。

その和室部屋。
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘(北海道知床)施設・温泉編

旅館外観と同じ印象です。
まあ、冷蔵庫あるだけ、冷たいビール呑めるからええかな。
あ、けど無線LANが来ていますので、
PCをネット接続できたのはありがたかったですね。

こちらの大浴場は「くまの湯」と言います。
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘(北海道知床)施設・温泉編

日帰りもできて500円なんだとか。
宿泊者は24時間利用可能(清掃時間除く)です。

こちらが泉質表。
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘(北海道知床)施設・温泉編

もう一つ。
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘(北海道知床)施設・温泉編

ナトリウム-塩化物-炭酸水素塩温泉。
源泉温度89.8度で、PH6.8。
加水、加温については言及していませんでしたが、
この高温ですから、加水は必須でしょう。

いざ、浴場へ。
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘(北海道知床)施設・温泉編

ご覧の内湯が1つのみでシンプル。
しかし、めっちゃ濃い~茶褐色。
この泉質のよさには期待してなかったのでびっくり。

源泉温度が高いのでちょろちょろ投入されています。
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘(北海道知床)施設・温泉編

これ見ると、加水ではなく、水は別口からの投入。
これでミックスしているんですね。
そして投入される温泉は全てかけ流し。
湯温は43度くらいに感じる熱めですが、
このフレッシュなお湯に浸かれるのは至極ですね。

窓からの眺めはこんな感じ。
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘(北海道知床)施設・温泉編

知床の森をイメージしているのかな。
こちらも夜はライトアップされたりして風情がいい。

湯上りの冷水も廊下に用意してくれています。
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘(北海道知床)施設・温泉編

建物自体は古い。
リフォームされてトイレのある部屋もあるみたいなので、
もし泊るならば、そういう部屋にしたほうがいいだろう。
あと、泉質は極上ですから、多少古くても、
そういうのにこだわる方にはオススメできますね。

ではあと、食事については以下で紹介いたします。
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘、夕食編はこちら!
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘、朝食編はこちら!
ウトロ温泉 旅館 しれとこ村つくだ荘、お弁当編はこちら!

住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ中島125
電話:01522-4-2124
チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
駐車場:有50台 無料
日帰り入浴料:大人500円
日帰り入浴営業時間:7:00~22:00


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/500-dd7a147d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック