関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

知床の山奥に入っていくと、こここそ、
日本の北東端とも言えるホテルが存在している、
その名のとおり、ホテル「地の涯(ちのはて)」(^^)
こちらのホテルに附帯して、無料の露天風呂もあるのだ。
今回の無料野天風呂探訪の旅には欠くことはできませんでした。
岩尾別温泉露天風呂である。

岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

こちらの露天風呂に入るには、まず、
このホテル地の涯の駐車場に車を停めます。
案内が上写真のようにあるので、
その脇の山道を下っていて、山の中に入っていきます。

すると見えてくるのがこちら。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

三段の湯です。
その名のとおり、浴槽が三段になっており、
一番上に湯が投入されており、下の段にかけ流しされる仕組み。

早速、まずは一番ぬるそうな下段に浸かります。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

まず、脱衣場なんてもんはありません。
無色透明のお湯でもあるし、女性には敷居は高い混浴ですね。
湯温はぬるくて、私にはずっと入っていられそうな適温。

景色も森の中に川が流れており、風情がいい。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

温泉感はあまりないかな、
川のほとりにありがちなさっぱりしたお湯。

そして、さらにこちらから50mちょっと奥へ歩いたところにもう一つ。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

滝見の湯があります。
こちらの湯船は2,3人も入ればいっぱいでしょうか。
湯温も高くて、泉質も三段の湯よりも濃い目。

こちらも湯に浸かった眺めは同じような感じ。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

さらに奥に突き進もうととすると・・・
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

奥には入れないようになっています。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

ヒグマは知床半島では遭遇率、非常に高いです。
私もこちら岩尾別にやってくる途中の道で熊に遭遇。
写真撮ろうとしたら突進してきて、
危うくってことがありました。

これぞ自然の中の野天風呂。
車を停めてすぐに行けるってこともあり、
その点、敷居の低い、無料混浴露天風呂です。
ただ、ちょっと落ち着いて滞在はできないかな。
あくまで、ホテル地の涯さんの提供に感謝しつつ、
知床めぐりの一つに、さっと加えるべきですね。

住所:北海道斜里郡斜里町岩尾別
電話:01552-4-2331(ホテル地の涯)
営業時間:24時間
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/498-0aa036a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック