関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

北海道は、自然の中にある野湯の宝庫。
特に知床の羅臼は海岸沿いにあるので、
湯に浸かりながら、海の眺めを楽しむのが好きな私には、
是非とも訪問したい場所であった。
その内の一つ、「セセキ温泉」にやってきました。

セセキ温泉(北海道羅臼)無料混浴露天風呂

この日の朝は天気もよくって気持ちいいです。

駐車スペースにこんな説明書きが。
セセキ温泉(北海道羅臼)無料混浴露天風呂

北の国からのロケ地にもなったんですね。

こちらの管理人さんの仕事場。
セセキ温泉(北海道羅臼)無料混浴露天風呂

昆布漁を生業とされているのだそう。
以前、CSの番組で出演されているのを見たことあります。
この日は不在でした。

その浴槽はこんな感じ。
セセキ温泉(北海道羅臼)無料混浴露天風呂

周りを岩で囲んでいます。
しかし女性には敷居が非常に高いでしょう。
脱居場所もありませんし、周りから丸見え。
車で水着に着替えて、入るしか方法ないかも。

こういう浴槽が2つありました。
セセキ温泉(北海道羅臼)無料混浴露天風呂

潮はひいており、両方とも水面からは出ています。

しかしですね、めちゃくちゃぬるい。
セセキ温泉(北海道羅臼)無料混浴露天風呂

30度もなかったでしょう。
私ともう一人、様子を伺いに来られた方がいましたが、
2人して、これじゃ入れないね~っ感想。

しかし、岩礁からはぷくぷくと温泉が。
セセキ温泉(北海道羅臼)無料混浴露天風呂

ちょっと待てば入れるかなと足湯してましたが、
なかなか温度は上がらず、断念することに。

湯に浸かるとこんな感じの景色が拝めるんですけどね。
セセキ温泉(北海道羅臼)無料混浴露天風呂

足湯で我慢は残念でした。

岩場からはこんな感じで熱いのが湧き出しているんですけどね。
セセキ温泉(北海道羅臼)無料混浴露天風呂

今回、湯に浸かることはできませんでしたが、
なかなかロケーションは素晴らしい。
ただ、潮の満ち引きによって、状況は変わるので、
タイミングよくぶつかるのは難しいかも。
それに元の温度は非常に熱そうなので、
海水で埋めることになりますから、
その泉質はあまり濃くはないかなと思います。

住所:北海道目梨郡羅臼町瀬石
電話:01538-7-2111(羅臼町観光課)
営業時間:日の出から日没まで(但し、満潮時は入浴不可)
定休日:7月~9月中旬のみ利用できます
入浴料:無料(寸志)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/495-0a5c2d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック