関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

北海道、登別温泉に到着。
北海道あちこち温泉めぐりの今回の旅だが、
こちらの温泉地だけは何度でも来たくなります。
ホテルの立ち寄り湯として、こちらを利用することに。
「登別石水亭」です。

登別石水亭(北海道登別温泉)

ぱっと見た目は非常に豪華な巨大ホテル。
登別にはこういうタイプ、多いですね。

こちらのホテルは内湯と露天とで建物が分かれています。
登別石水亭(北海道登別温泉)

まず、こちらがフロントのある建物にある内湯。
両方とも最上階にあります。

その泉質表。
登別石水亭(北海道登別温泉)

もう一つ。
登別石水亭(北海道登別温泉)

説明書き。
登別石水亭(北海道登別温泉)

単純硫黄泉(低張性酸性高温泉)。
源泉温度68.6度で、PH3.5。
泉温が高いので、加水されており、
またかけ流し、循環ろ過の併用です。
ただ、塩素は使用していないみたいですね。

通りで少し薄いなって思いました。
登別石水亭(北海道登別温泉)

ただ、浴場内は硫黄の香りがたっぷりでしたけどね。

サウナも併設されています。
登別石水亭(北海道登別温泉)

あと、こういう高級系旅館の素晴らしいところ。
登別石水亭(北海道登別温泉)

なんと!マッサージチェア、無料でした。
車中泊旅で、疲れの溜まった背中を揉みほぐしました

続けて、露天風呂の方へ向かいます。
登別石水亭(北海道登別温泉)

ただ、こちらも内湯があるんですね。
泉質は、向こうの建物と一緒。

露天のジャグジー。
登別石水亭(北海道登別温泉)

そして樽風呂です。
登別石水亭(北海道登別温泉)

ここだけ泉質がちがう感じしましたが、
やっぱり、かけながしオンリーみたいです。
なので、ここが一番気に入りましたね。
ただ、内湯と違い、眺めが全くありません。

泉質的にはさすが登別!ってところまではいきませんが、
うん、これぞ高級ホテルの温泉にやってきたって雰囲気。
登別に宿泊する際、チョイスの検討に加えたいですね。

住所:北海道登別市登別温泉町203-1
電話:0143-84-2255
日帰り入浴営業時間:11:00~18:00
定休日:無休
日帰り入浴料:700円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/488-234602cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック