関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

東北一番の標高にある宿として有名。
1400mの位置ですと、6月でもまだ雪が残っています。
この旅では、欠かしたくない温泉地でした。
藤七温泉「彩雲荘」です。

藤七温泉 彩雲荘(岩手県八幡平)

見た目は山の中の1軒宿の雰囲気。
歴史を感じますね。

ここはなんと言っても開放的な露天!
藤七温泉 彩雲荘(岩手県八幡平)

男女別の内湯もありますけど、
そっちは全く興味ありませんでした。

泉質表。
藤七温泉 彩雲荘(岩手県八幡平)

もう一つ。
藤七温泉 彩雲荘(岩手県八幡平)

もう一個。
藤七温泉 彩雲荘(岩手県八幡平)

単純硫黄泉で、源泉温度90.6度。
PH3.4の酸性泉。
さすがに源泉温度が高いので、加水はされていますが、
あとは全く加工されていない、かけ流しのお湯です。

まず、こちらが内湯。
藤七温泉 彩雲荘(岩手県八幡平)

興味はなく利用しませんでした。

これなんですよね~
藤七温泉 彩雲荘(岩手県八幡平)

これほどまでに広く、開放的な露天風呂は味わったことありません。
基本的に混浴です。
ただ、脱衣場は男女別になっているし、
白濁りのお湯なので、移動はタオル巻きにしていましたら、
女性にも敷居の低い混浴ではないでしょうか。
あと、奥に女性専用の露天もありますけど、
そこまでの移動考えると、あまり利用価値はないのでは。

6月中旬でもこの雪。
藤七温泉 彩雲荘(岩手県八幡平)

しかし、ひろーい山の景色を360度見渡せるのは最高♪

お湯はこんな感じ。
藤七温泉 彩雲荘(岩手県八幡平)

下からブクブクと温泉湧き出しています。
なので、各浴槽で温度が違ってきており、
自身の好み温度の浴槽を探し出してみてください。
また、下には泥も沈殿しており、泥湯でもあるんですよ。
女性には美容効果も期待できます。

私は、この一番高台の浴槽が好きでしたね。
藤七温泉 彩雲荘(岩手県八幡平)

こっからの景色も最高やし、40度ちょっと程度のぬるめ。

最高に気持ちいいです。
ただちょっと、虫(小バエ)がこんな自然の中ですから多いのと、
施設としては古いのがネックでしょうか。
なので宿泊はあまりしたくないかな(^^;)
しかし日帰りで味わえる、このダイナミックな露天風呂と、
その泉質に関しては、最高評価を与えたいですね。

住所:岩手県八幡平市松尾寄木北の又
電話:090-1495-0950
営業時間:8:00~19:00
定休日:4月下旬~10月下旬
日帰り入浴:600円/入浴+バイキング(11:30~14:00)1800円/
貸切風呂(17:00までの間、60分利用):1000円(宿泊者は無料で利用でき、
17:00以降は宿拍者のみ利用可)/宿泊:1泊2食付12750円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/479-d219e11f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック