関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

乳頭温泉は、自身にすごくよく合うお湯です。
ぬるめのアルカリ泉も好きですけど、
熱いのでは、白濁りの硫黄泉も大好きである。
前日に、こちらの温泉で結構虜になりました。
秋田、乳頭温泉「鶴の湯」の記事はこちら!

もう一湯、堪能したいとこちらにやって来ました。
黒湯温泉である。

黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

こちらは、乳頭温泉の中でも一番奥まで来ますね。
行き止まりの駐車場に車を停めて、
徒歩で階段を降りていきます。

ご覧の建物が見えてきました。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

なるほど、黒湯ってのは、建物が黒いからなんでしょうね。
なぜ、白濁の温泉なのにどうしてかなと思ってました。

こちらが混浴の露天風呂。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

こじんまりしています。

周りの景色はこんな感じ。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

非常にオープンに、一面広がりを感じます。
あちこちから湯煙があがっていて、ちょっと地獄っぽい。

その露天の泉質表。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

もう一つ。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

単純硫黄泉で、源泉43.1度。
なので、完全100%源泉かけ流しです。
露天で浸かった感じでは、ほぼその温度を感じました。
しかし100%の白濁のお湯は素晴らしい。
濃さでは「鶴の湯」以上だなって思いました。
いや~気持ちいい。

同じ露天にある打たせ湯。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

ここで、ちょっと休憩挟んだりしましたね。

同じく内湯。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

ここはもっと露天より熱かったです。

さーて、今度は、男女別の方も堪能しましょう。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

結構、敷地は広いです。

男女別の内湯。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

そして露天。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

あと、打たせ湯です。
黒湯温泉(秋田県乳頭温泉郷)

こっちは薄濁りのお湯です。
単純泉なんだそうな。
なのでかな、混浴の方に比べると薄い感じがしました。

鶴の湯に比べるとあまり知られていない施設なので、
人も少なく、ゆったり滞在できましたね。
ただ、露天も狭いので、これで少しでも混まれると、
ここの醍醐味は半減すると思いますので、
休日の日中とかは避けるべきやと思います。

住所:秋田県仙北市田沢湖生保内黒湯沢2-1
電話:0187-46-2214
日帰り入浴営業時間:9:00~16:00
定休日:11月上旬~5月上旬休業
日帰り入浴料:大人500円 小人250円
1泊2食宿泊:大人10500円 子供6300円/湯治布団付き3150円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/476-f58d03d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック