関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

山形蔵王温泉の泉質は非常に気に入った私。
もうちょいゆっくり堪能しようと、
湯めぐりチケット「湯めぐりこけし」を購入。
どこのホテルの温泉に行こうかなってことで、ここをチョイス。
堺屋森のホテル「ヴァルトベルク」です。

堺屋森のホテル ヴァルトベルク(山形蔵王温泉)

高台にある洋風のホテルです。

庭園もこんな感じ。
堺屋森のホテル ヴァルトベルク(山形蔵王温泉)

全体的にすごく綺麗ですね。

泉質表。
堺屋森のホテル ヴァルトベルク(山形蔵王温泉)

もう一つ。
堺屋森のホテル ヴァルトベルク(山形蔵王温泉)

酸性・含鉄ー硫黄ー硫酸塩・塩化物温泉。
源泉温度50.9度、PH1.8。
これを加水なく完全源泉かけながしにしております。
源泉がこの温度ですから、どう冷ましているんでしょうか。

その内湯。
堺屋森のホテル ヴァルトベルク(山形蔵王温泉)

そして露天です。
堺屋森のホテル ヴァルトベルク(山形蔵王温泉)

こちらは全くゴージャスさはなく、シンプル。
ホテルの見た目とはちょっと違います。

蔵王らしい泉質。
堺屋森のホテル ヴァルトベルク(山形蔵王温泉)

さすがに内湯は私には少し熱め。

なので露天に出ました。
堺屋森のホテル ヴァルトベルク(山形蔵王温泉)

ただ、こっちは温度も低めで、
周りの森林を眺めながらの入浴。

あとから気づいたのだが、ここの施設、
ホテルの敷地外に野天風呂があります。

いちお、男女別になっていますね。
堺屋森のホテル ヴァルトベルク(山形蔵王温泉)

こちらのお湯も美しい。
堺屋森のホテル ヴァルトベルク(山形蔵王温泉)

既にホテル内のお風呂で満足してたので、
いちいちまた服を脱ぐのもめんどくさく、
手と足だけで、お湯を確認しました。
少しぬるめに感じたかな。

確かにお湯は蔵王の泉質そのままでいいんですけど、
内湯、露天ともに工夫を感じません。
それに今回、湯めぐりチケットを使ったので、
1枚400円分で入浴できたけど、通常は1000円ですよ。
それだけの価値はないかな~と思います。

住所:山形県山形市蔵王温泉清水坂889-1
電話;023-694-9300
営業時間:11:00~14:00
定休日:無休
日帰り入浴料:1000円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/462-9d2bbd09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック