関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

さーて、新潟から群馬に入ってきました。
群馬となると全国的に有名な温泉は草津温泉。
昨年、色々と巡らせていただいた土地です。
しかし、群馬は草津だけやなく、ええ泉質を持つ温泉が、
数多く点在する県です。
その中でもちょうど道中にあるこちらをチョイスしました。
湯宿温泉「湯本館」です。

湯宿温泉 湯本館(群馬県みなかみ町)

場所はちょっと分かりにくかったですね。
玄関前の駐車場も狭く、ここでええのか?って思いました。
建物もすごく年季が入っています。

ここの大浴場は混浴です。
湯宿温泉 湯本館(群馬県みなかみ町)

この円形の大きな浴槽のみ。
ご主人から、熱いので水で埋めてお入りくださいとのこと。
まず、手で熱さを確かめると、50度近いのではないだろうか。
手のひらだけでも、3秒もつけておられないです。
ホースの水を全開にして、ひとまず、色々と見学。

施設の中には、こんな神社のような施設もありました。
湯宿温泉 湯本館(群馬県みなかみ町)

そして家族風呂。
湯宿温泉 湯本館(群馬県みなかみ町)

このほかには、女性専用のお風呂があります。

こちらが、この温泉の由来。
湯宿温泉 湯本館(群馬県みなかみ町)

泉質表。
湯宿温泉 湯本館(群馬県みなかみ町)

もう一つ。
湯宿温泉 湯本館(群馬県みなかみ町)

ナトリウム・カルシウムー硫酸塩温泉。
泉温62.7度でPH8.3。
この温度を源泉かけ流しでやっている訳だから熱いわけだ。

その温泉は、こちらから自然湧き出ししています。
湯宿温泉 湯本館(群馬県みなかみ町)

なので、ここで飲用もできます。

非常にええお湯なのは実感できるんですけど、熱すぎる。
湯宿温泉 湯本館(群馬県みなかみ町)

10分ちょっとホースの栓、全開で水を投入したが、
これぞ、焼け石に水。
とてもじゃないが入れない温度。
ホースを手に持って、体に向けながらでようやく浸かれた。
ま、だけどそんな状態で泉質なんて実感できませんよね。

建物内部を非常に萎びているし、
ここは各個人で評価が大きく分かれそうですね。
私は熱いのが苦手なので、充分に堪能できませんでした。

住所:群馬県利根郡みなかみ町新巻2381
電話:0278-64-0011
営業時間:日帰り入浴11:00~18:00
定休日:無休
日帰り入浴料:500円/宿泊:1泊2食付7350円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/448-edc108f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック