関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

佐世保から再び佐賀県北部へ入る道中。
その日最後に仕上げ温泉にどこか立ち寄ろうと思っていました。
で、その山越えの途中にこちらの施設があることを発見。
世知原温泉くにみの湯「山暖簾」です。

世知原温泉くにみの湯 山暖簾(長崎佐世保)

ここへの道中は、結構険しい道でしたね。
で、到着するとすっごい大規模なこんな施設が現れます。

早速泉質表。
世知原温泉くにみの湯 山暖簾(長崎佐世保)

ナトリウム-炭酸水素塩泉で源泉温度37.4度。
加水、加温、循環、塩素消毒ありの平凡な泉質。

こちらが内湯。
世知原温泉くにみの湯 山暖簾(長崎佐世保)

内湯は塩素の匂いが顕著でしたね。
それに浸かってもアルカリ泉のヌルツル感はほんの少し感じる程度です。

そして露天。
世知原温泉くにみの湯 山暖簾(長崎佐世保)

こちらが素晴らしいのはこの露天です。
山の中の施設なだけに、目隠しなくその風景を拝むことができます。

湯に浸かっても、こんな感じで。
世知原温泉くにみの湯 山暖簾(長崎佐世保)

ここ夜はこの景色が見えないので魅力半減しますね。
ぎりぎり夕方、日のあるうちでよかったです。

こちら、湯上り後のレストランメニュー。
世知原温泉くにみの湯 山暖簾(長崎佐世保)

あと宿泊施設も結構真新しく綺麗であったので、
温泉施設は付属みたいなもんかな。

山奥の施設なので、泉質ええかもって思うのは間違いです。
それに期待して行くべきではないですね。
けどゆったり昼間に過ごすには快適かな~って思います。
ただ、旅行者がこの施設目的で日帰り入浴はすべきではないですけどね。
あくまで、佐世保市民の憩いの場です。

住所:長崎県佐世保市世知原町上野原316
電話:0956-76-2900
営業時間:日帰り入浴10:30~21:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円 小人300円/貸切風呂(1H)2000円
宿泊:1泊2食付8925円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/413-475988e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック