関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

その日の九州旅行は、熊本市街周辺をうろうろと。
朝風呂をどこかで堪能しようと思い検索すると、
こちらの施設が結構評価高いですね。
玉名市であるが熊本市街地からでも車で30分もかからない。
草枕温泉「てんすい」である。

草枕温泉 てんすい(熊本玉名市)

その日はあいにくの雨模様でした。
海が見える高台にあるので、その点残念ですね。

なので、その日の露天の眺めはこんなので。
草枕温泉 てんすい(熊本玉名市)

ただ、天気がよくても、海までは遠いので、
絶景にはならないかなと思います。

まずは気になる泉質より。
草枕温泉 てんすい(熊本玉名市)

低張性弱アルカリ高温泉で、源泉温度45.1度。
この温度なら完全源泉かけ流し?と期待したのだが、
循環、かけ流しの併用で塩素消毒ありだ。

その内湯。
草枕温泉 てんすい(熊本玉名市)

まず、こちらに浸かってみるが、その加工感は顕著。
ヌルツル感はあまりなくなっている。

そして露天。
草枕温泉 てんすい(熊本玉名市)

岩風呂になっております、泉質は内湯と一緒。

サウナの近くにある草枕の湯。
草枕温泉 てんすい(熊本玉名市)

閉鎖的な部屋にあるお風呂って感じ。
ぬるめで私にはちょうどよかったのだが、
開放的な露天が好みなもんで、
その閉塞感が私には合わない。

このレトロ感はどうゆう演出なんだろ?
草枕温泉 てんすい(熊本玉名市)

こちらの施設、朝のオープンから待ち客がいるぐらいの人気施設。
開放的で綺麗し、地元民にはええスーパー銭湯施設なんやろな~
ただ、遠方からわざわざここの施設訪問は・・・と思います。
泉質もありふれたアルカリ泉の循環やしね。
どこか一つに源泉かけ流し浴槽でも作ってもらえたらと思いました。

住所:熊本県玉名市天水町小天511-1
電話:0968-82-4500
営業時間:10:00~20:30(食事付入浴は11:00~13:00、17:00~19:00)
定休日:第2、4水曜日(祝日の場合は翌日休)
入浴料:大人500円、小人(4歳~中学生)200円/食事付入浴(要予約)3,000円~


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/402-0a2a3d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック