関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

六甲といえば「おとめ塚温泉」に入ってしまって、
ここは阪神間最高の太鼓判を押したのだが、
かねがね、もう一つ、源泉かけ流しの温泉があるのは知っていた。
今回はここに突入します。
水道筋にも店があるが、今回、「灘温泉 六甲道店」にお邪魔しました。

灘温泉 六甲道店

駐車場は店の裏にあり、3時間は無料となります。
そこに車を泊めて中へ入ると・・・すぐに番台です。
結構狭いですね、それは脱衣所も感じられました。

さて男湯に突入~!!
灘温泉 六甲道店

まずは露天の源泉へ!!って思ったのだが、
ここの露天風呂は源泉を42度にまで加熱してあるらしく、
清潔にするために、塩素も加えてあるのだそうな。
なので、かなり薄く感じる。

で源泉はどこどこ?って思うとありました。
内湯にこじんまりとして佇んでいます。
大人が2人、思いっきり足を伸ばして入るといっぱいかなって狭さ。
先客がもちろんいます。
他のジェットバスに浸かりながら、源泉が空くのを伺う。

3分ほど待って、入湯~
かなりぬるいっていうより冷たいって感じ。
他の熱いお湯に入っているとそう感じます。
この源泉温度は32度しかないんですね。
しかしじっくり浸かっていると、炭酸の泡がいっぱい体にまとわり付いてきて、
非常にいい源泉であるとわかる。
また、湯の温度も少し浸かっていると非常にいい感じ♪
ただ長居したくなる気持ちを抑えて、譲り合いの精神で、外に出ます。

あと内湯も地下水を使用していて、炭を通しているとのこと。
また銭湯には珍しく、ボディシャンプー、シャンプーリンスも備え付けに置いているから、
タオル一枚で手軽に利用できるように工夫されているのもええですな。

さて、脱衣所から外に出ると・・・
灘温泉 六甲道店

この右手側に表に出れるスペースがあって、ここにテーブルと椅子が置いてあるんですよ。
ここで風呂上りに呑むビールはかなりよさげ。
近くの大学生がビール片手に談笑しとりました。

源泉の狭さという点で、やはり「おとめ塚温泉」に軍配があがりますが、
すいている時間帯を見計らって、加熱と源泉を交互に入浴ってやってみたいですね。
あと風呂上りのビールも美味しそうです(^^)
おとめ塚温泉の記事はこちら!

住所:神戸市灘区備後町3-1-4
電話:078-854-6545
営業時間:6:00~翌1:00(受付~翌0:30)
休業日 無休 (3・6・9・12月の第2木曜休)
料金:大人(中学生含む)380円、小学生130円、幼児(赤ちゃん含む)60円、サウナ160円
泉質:ナトリウム一炭酸水素塩、塩化物低温泉、低帳性、中性低温泉
効用:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、慢性消化器病、運動麻痺、
うちみ、くじき、冷え性、慢性婦人病、虚弱児童、疲労回復など
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/40-17b3ad6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック