関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

その日は阿蘇から山間部を縦断して、霧島までやってきました。
そろそろその日の行動も終わりかなってところで、
通っていた県道沿いに、一つ野湯があったよなと探してみる。
カーナビでインプットしていた場所に近づいてくると、
駐車スペースがありました。
ここで停めて、探してみましょう、「目の湯」です。

目の湯(鹿児島県霧島温泉郷)野湯

停めて、さーてどこかな?って探そうとしたらすぐに発見♪
「岩風呂」ってきちんと案内表示されているではないか。
な~んて親切な秘湯(^^)

てくてくと、その川沿いの登山道を登っていきます。
目の湯(鹿児島県霧島温泉郷)野湯

川の水まで白濁しているので、その泉質に期待がかかる。
歩いて、2分ほどで到着できました。
な~んて親切な上に行きやすい秘湯でしょうか。

こういう霧島最古の岩風呂なんてのがありました。
目の湯(鹿児島県霧島温泉郷)野湯

こちらは水溜りって感じで、
さすがにここに浸かる勇気はありません。

で、こっち。
目の湯(鹿児島県霧島温泉郷)野湯

川の流れのちょっと溜まった所がちょうど浸かれそう。
手でまず温度を確認してみたが、ヌルメ40度くらいだろう。
私には適温ってことで、ちゃちゃっと脇で服を脱いで入湯。

底は泥が溜まっており、ヌルヌルしておりますが、
あ~気持ちいい、硫黄の匂いプンプンで体にまとわりついてきます。
すっごくフレッシュさを感じることができるのが野湯の醍醐味。

ちょうど夕暮れ時、周りの雰囲気も薄気味悪くなってきたので、
10分程度で退散しました。
県道沿いホントすぐで、駐車スペースもあるので、
敷居の低い野湯です。
温度は日によってまちまちらしいので、
私はちょうどいい時だったと思います。
けど、ちょっと見学にでもええと思いますよ。

住所:鹿児島県霧島市高千穂
電話:なし
営業時間:24時間
定休日:なし
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/392-3eb4902c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック