関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

大分の温泉を色々と巡ってきました。
その日の車中泊地は阿蘇と決めていたので、
そちら方面に向かう途中に、時間があれば、
どうしても寄りたい共同浴場があったのだ。
時間的に大丈夫やったんで、最後寄って行きましょう。
この付近も黒川温泉を始め、ええ泉質多いですね。
「奴留湯温泉共同浴場」にやってきました。

奴留湯温泉共同浴場(熊本阿蘇小国)

なぜ、そんなに入りたかったのかは、
その名前のとおりヌルメの、
硫黄プンプンのお湯だと聞いていたから。
両方大好きな私がスルーするわけありません。

無人の施設です。
奴留湯温泉共同浴場(熊本阿蘇小国)

入浴料200円はこちらの木箱に投入して、中に入ります。

その泉質。
奴留湯温泉共同浴場(熊本阿蘇小国)

単純硫黄泉で源泉温度38度。
まさに私の好みどんぴしゃの温度なんですよ。
一番まったりと浸かれる温度です。

ご覧の内湯の浴槽が2つ。
奴留湯温泉共同浴場(熊本阿蘇小国)

小さめの方は加温されている上り湯になっています。
こちらにも浸かって見ましたが、やっぱり物足りない。
加工されているなって泉質に、なってしまってます。

やっぱりこちらの源泉浴槽。
奴留湯温泉共同浴場(熊本阿蘇小国)

硫黄の香りがプンプン漂う中でこの温度は最高。
さーっとお湯はかけ流されていくし、
体に小さな気泡もまとわりついてきます。
上り湯ではこのアワアワはありませんでした。

まさに私の理想とする泉質です。
ただ熱いの好きな方とかドロドロの泉質を好まれる方には、
全く向かないでしょうね。
30分もこのお湯に浸かって瞑想していると、
色んなアイデアが思い浮かびました。
なので、このくらいの温度のお湯、大好きですね(^^)
料金も安く、至福の時間を与えてくれました。

住所:熊本県阿蘇郡小国町北里2284
電話:0967-46-2111(小国町地域振興課)
営業時間:9:00~21:00
入浴料:大人200円 子ども100円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/386-a135f0ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。