関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

大阪府内の温泉では、泉質のよさとしては、
一番の好評価が与えられている温泉ではないでしょうか。
ずっと行きたいと思ってましたが、なかなか大阪北部からは遠いですよね。
で、ここまで来るくらいなら、もっと足伸ばして、
和歌山へ行ってしまうんですよ。
しかし、一度は来なければってことで、この温泉に浸かる目的だけで、
この泉佐野までドライブしてきました、「犬鳴山温泉 山乃湯」です。

犬鳴山温泉 山乃湯(大阪泉佐野)

ここの駐車場はちょっと入れにくいですね。
運転に自信のない方は、近くの有料駐車場に停めたほうがええと思います。

周りは、秋の紅葉が深まる季節。
犬鳴山温泉 山乃湯(大阪泉佐野)

この時期と5月の若葉の季節は、ホント山奥に行きたくなります。

受付で700円を払い、中へ。
犬鳴山温泉 山乃湯(大阪泉佐野)

こんな内湯が一つだけのシンプル構成。
5人も入ればぎゅうぎゅうです。
この日は休日で、結構賑わっており、最高5人浸かるような状態に。
この人数ですとちょっと落ち着かないですね。

その泉質。
犬鳴山温泉 山乃湯(大阪泉佐野)

ナトリウム-炭酸水素塩泉で、源泉温度16度の冷泉です。
これでは冷た過ぎますから、加温で循環させているようです。
しかし表記では39度ということですが、明らかに41~42度程度に感じました。

その浴槽の脇からはちょろちょろとその冷泉が注がれてました。
犬鳴山温泉 山乃湯(大阪泉佐野)

私はぬるめが好きやし、絶対この近くの方が濃いだろうと、
この脇にずっといてましたけど、その泉質は抜群ですね。
ぬるっとアルカリを感じ、全く塩素のないすきっとした泉質。
ただ、大阪府内ではピカイチですけど、
他いろいろと廻っている私とすれば、まあまあかなと思います。

外の景色は窓からよく見えます。
犬鳴山温泉 山乃湯(大阪泉佐野)

もうちょい人が少なければ、この山の景色を堪能しながら、
ぼけーっと物思いに耽れますね。

うん、やっぱり泉質は大阪最高レベル。
ただ、老巧化が結構激しいですね。
街の綺麗なスーパー銭湯に慣れている方には、
スーパー銭湯と同じ値段やのに、何この施設は?と思われるのでは?
あと大阪北部に生活圏を持つ方ですと、
神戸・阪神方面の温泉銭湯の方が遙かに安く、
ええ泉質に浸かることができるので、時間かけて行くには、
そこまでの魅力はないと思います。

住所:大阪府泉佐野市大木2234
電話:072-459-7515(犬鳴山温泉 湯元温泉荘)
営業期間:10:00~18:00
定休日:無休
日帰り入浴:大人700円 小人(0歳~小学生)300円/部屋休憩:1名600円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/357-736b546b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック