関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

山梨の温泉もあちこち堪能してきました。
ホント、ぬるい温泉の宝庫ですね、感心します。
で、そのぬるい温泉の中でも、
ここの訪問だけは絶対はずしたくなかった。
源泉温度は30度ちょっとでの完全かけ流し。
冬に入るにはつらいところだが、その日は秋でも、
非常に晴れ渡り、暑いくらいです。
そんな中で入る30度程度のは温泉は大好きなのだ。
山梨→静岡に向かう、山中にあります「佐野川温泉」です。

佐野川温泉(山梨南部町)

ホント、ここは山の中ですね~
しかし、休日の朝、結構賑わっています。
入っている方を見てると、どなたも常連さんのようです。

まず、こちらが内湯。
佐野川温泉(山梨南部町)

完全源泉かけ流しで透明色のお湯です。
どばどばと投入されており、その投入口からの飲泉も可。
飲んでみると、結構なめらかな感じ。
源泉温度が低いので、湯に足を入れると冷たい!って感覚があります。
しかし浸かってしまうとその温泉成分からか、ポカポカしてきますね。

こちらが泉質表。
佐野川温泉(山梨南部町)

単純硫黄泉(アルカリ性低張性低温泉)です。
源泉温度31.5度なので、浸かった感じは30度程度でしょう。
あと、硫黄の匂いが山梨で巡ってきた中では、ここがナンバー1でした。

加温の浴槽も隣にあります。
佐野川温泉(山梨南部町)

こちらは少し白濁しとりました。
ただ、こうやって沸かしてしまうと温泉感は薄くなりますね。

こちらが露天。
佐野川温泉(山梨南部町)

こちらも源泉と加温の2種類ありますが、加温はさほど温度は高くなかったです。
夏の暑い時期なんて、この冷たい源泉にずっと浸かってると時を忘れるのでは?
なので1時間以内って制限時間があるんでしょうね。
(特にチェックはされていないので、各自のマナー任せですが)

いや~その泉質の素晴らしさには感服いたします。
まだまだ旅の先を急ぐので、30分足らずで名残惜しく去りましたが、
ここの温泉目的だけで訪問したならば、制限時間いっぱいにゆっくりしたでしょう。
ただ、冬は露天なんて、とても入れたもんやないんではと思います。
山梨温泉めぐりは、気温暑めの時に訪問した方がええですね。

住所:山梨県南巨摩郡南部町井出3482-1
電話:05566-7-3216
営業時間:日帰り入浴 8:30~16:30
定休日:無休
日帰り入浴料:650円(一時間以内)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/356-e45d87f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック