関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

いや~「上諏訪街道呑みあるき」でとことん日本酒を堪能!
未だかつて、こんなに日本酒オンリーで量を飲んだ日はないと思います。
秋の「上諏訪街道呑みあるき」記事はこちらで。

ええ気持ちでホテルに戻ってきました。
まあ、こんだけ酒飲んでいると、夕食は勿論いらないし、
翌日朝食も二日酔いでいらないだろうと、素泊まりの高級宿を選択。
諏訪湖湖畔、高級ホテル街にある、ホテル「鷺乃湯」です。

ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

なんやかんや色々ドタバタ、酔っぱらいしておりまして、
部屋やらなんやら、全く写真撮れておりません・・・

こちらが中庭の風景。
ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

雨降る中戻ってきて、お風呂に直行したので、
レンズの下半分が濡れていたようです・・・
酔っぱらいの頭では気がつかなかった・・・
しかし、この宿が高級感あるってことは分かりますね。

こちらがその泉質表。
ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

こちらも同様に下半分、曇ってますね(^^;)
ナトリウムー炭酸水素塩温泉(中性低張性高温泉)で、源泉温度は46.9度。
内湯は加水、加温、循環、消毒であるが、
露天の一つに完全かけ流しの露天風呂があります。

まずは内湯。
ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

さすが高級旅館の趣のある内湯ですね。
ただ、循環の湯なので、温泉感は非常に薄いです。

こちらが露天の源泉かけ流し!
ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

桶風呂になっておりますので、たくさん人は入れません。
この規模なので、ここだけ源泉かけ流しにしているのだろう。
浸かってみると。。。熱い!!
やはり源泉47度をそのまま投入では、熱いの苦手な私には長く浸かっておれません。
ただ、さすがにここは茶褐色しており、わずかに硫黄の臭いも漂い、
温泉らしさがありますね。

もうひとつの露天はすごく広いです。
ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

こちらは循環湯ですが、ぬるかった。
まったり酒を抜くには、この程度にゆっくり浸かるのがいい。
ちょうど夕食時に入浴していたので、周りに誰もおらず寝入ってしまいました。
30分ぐらい寝たかな~、周りががやがやしてたのでびっくり!
外人の団体さんがい~っぱいいてました(^^;)

あがってからはカリン水なんてのも湯上がりサービスで置いており、
やっぱり高級旅館は、こういうサービス素晴らしいなと感心。
温泉の泉質自体は特筆すべきもんはないですけど、
ゆったり落ち着ける宿としては最高やと思います。
従業員さんの心配りも素晴らしいと思いますし、
また泊まりたい宿からと問われれば、Yesですね。

住所:長野県諏訪市湖岸通り3-2-14
電話:0266-52-0480
営業時間:日帰り入浴 13:00~16:00、18:00~21:00
定休日:無休
入浴料:1500円
宿泊1泊2食:10400~33600円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/351-5e9fb86d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック