関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

お昼に蕎麦を堪能した後は、再び温泉へ。
ここ上諏訪は日帰り入浴できるホテルがいっぱいあります。
その中でも、源泉かけ流しを売りにしている宿があるのだ。
普通、ホテル規模になると循環されている宿ばかりなので、
泉質重視の私は、こちらをチョイス、「渋の湯」である。

かけ流し源泉の宿 渋の湯(長野信州上諏訪温泉)

周辺の大規模ホテルとは違い、こじんまりとしてます。

しかし、高級感溢れる宿ですね。
かけ流し源泉の宿 渋の湯(長野信州上諏訪温泉)

今回、諏訪湖パスポートを利用して入浴料が500円に。
なのに従業員さんの応対も非常に丁寧で好感持てました。

その浴槽。
かけ流し源泉の宿 渋の湯(長野信州上諏訪温泉)

男女で時間変わりで2つのタイプがあるようだ。
今回、男湯は内湯が2つのタイプ。
女性用は、露天があったそうである。

もう一つの内湯浴槽。
かけ流し源泉の宿 渋の湯(長野信州上諏訪温泉)

周りの景色の眺望が全くないのが、ちょっとね・・・

その泉質表。
かけ流し源泉の宿 渋の湯(長野信州上諏訪温泉)

自家源泉を使っており、源泉かけ流しであるが、
源泉温度74.2度と高いため加水されている。
しかし、加温、塩素なしなので、フレッシュさはありますね。

薄く緑がかった透明のお湯がさーっとかけ流されます。
かけ流し源泉の宿 渋の湯(長野信州上諏訪温泉)

循環タイプでないのがよく分かります。
この光景は見ていって、非常に気持ちいい。

また風呂上がりの冷水も用意されていました。
かけ流し源泉の宿 渋の湯(長野信州上諏訪温泉)

高級タイプな宿になると、こういうドリンクサービスが豪華になると思います。

おそらく、この近辺のホテルでは非常にいいお湯なんでしょう。
あと一つホテルの日帰り入浴を堪能しましたが、こっちのお湯の方がよかったです。
ただ、この前に、とてつもない源泉かけ流し共同浴場を堪能した後だったからね。。。
ただ、アメニティ関係もしっかりええもん揃えているし、
スーパー銭湯慣れされていて、尚かつ泉質もそこそこって望まれる方には、
最適な日帰り入浴宿やと思いますよ。

住所:長野県諏訪市湖岸通り3-3-24
電話:0266-52-2655
営業時間:13:00~14:30
定休日:無休(繁忙期は臨時休あり)
日帰り入浴料:大人1000円、小学生500円/宿泊:2食付13650円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/350-68d41251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック