関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

三重県、南部から北部への縦断日帰りツアー。
最後にゆったり浸かりたいと思ったのは、
三重でも有名な「湯の山温泉」。
中でも、人気の温泉を検索してみるとこちらがヒット!
そのまま、自宅へ帰る予定であったので、
ボディーソープ、シャンプーも使えて、ゆったりできそうである。
「希望荘」に立ち寄りました。

希望荘(三重県湯の山温泉)

湯の山温泉でも、一番高台にある施設である。
ただ、もっとゴージャスな雰囲気の旅館をイメージしていたが、
外観はかなり老巧化が激しい・・・
また裏手の駐車場から裏口に向かう階段がクモの巣だらけ。
ちょっと危険な香りに不安がよぎります。

まず、こちらが内湯。
希望荘(三重県湯の山温泉)

浸かってみた印象・・・
まったく温泉感がありません・・・
ちっとヌルっとしてるかなって程度。

その泉質はどんなのか眺める。
希望荘(三重県湯の山温泉)

含弱放射能・ナトリウム-炭酸水素塩泉。
泉温が32.8度なので、加温はされていますが、加水もされています。
もちろん循環の塩素消毒あり。
その加水の理由はなんと、温泉成分が濃く、床が滑るからってのが理由。
なにも、ここまで薄めなくても・・・

露天に移ります。
希望荘(三重県湯の山温泉)

こちらも泉質的には一緒なんですが、景色がよい。

こんな感じで・・・
希望荘(三重県湯の山温泉)

四日市の市街地、伊勢湾が一望できます。

しかし、お湯がこの無色透明の特徴ないお湯やからな。
希望荘(三重県湯の山温泉)

あがってすぐの休憩処。
希望荘(三重県湯の山温泉)

土曜の夕方、ものすごい人でごった返していました。
駐車場もいっぱいで、なぜにこの施設はこんな人気なの?って思います。
ただ、入浴施設に限って言えば、遠方からわざわざ浸かりにくる温泉ではないです。
泉質的には、山を下っていった所に片岡温泉もあり、あちらのほうが上。
三重県、湯の口温泉「片岡温泉」の記事はこちら!
泉質にこだわるなら片岡温泉ですね。
しかしこちらは、露天から見る夜景が綺麗らしいので、夜行くのがいいかもです。

住所:三重県三重郡菰野町千草杜葉谷7094
電話:059-392-3181
営業時間:11:00~21:00
定休日:月に2日不定休
入浴料:大人500円、小学生300円、幼児(3歳~)200円
1泊2食10,580~20,000円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/347-309f91e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック