関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

今回の日帰り島根鳥取温泉旅・・・
ここのホテルの日帰り入浴を、無料で利用できるのもこの旅を決めた理由です。
ここのホテルって非常にゴージャスなんですよね。
共同湯の濃い~源泉かけ流しも好きだが、ゴージャスホテルのゆったりさも好き♪
はい、欲張りな私です(^^)
温泉博士の温泉手形を利用しました、「三朝館」です。

三朝館(鳥取三朝温泉)

到着。
この三朝温泉の中でも存在感が際立つホテルです。
こんなところに温泉手形を使い、無料でお邪魔していいのか、ちょっと躊躇。
しかし玄関前のホテルマンさんに確認すると、「どうぞどうぞ」と愛想いいです。

ちょっと離れた河原脇に車を停め、玄関へ。
三朝館(鳥取三朝温泉)

はい、ゴージャスです。

お風呂に向かう廊下にもこんな庭園が。
三朝館(鳥取三朝温泉)

さらに、優雅に過ごせそうな足湯施設もあります。
三朝館(鳥取三朝温泉)

こちらがまず内湯。
三朝館(鳥取三朝温泉)

さすが、広々としたホテルの内湯らしい。

お湯は完全に透明です。
三朝館(鳥取三朝温泉)

全くクセのないそのお湯は、評価の分かれるところですが、
三朝温泉の泉質である、天然ラジウム泉はこんなもんですからね。
夏場は加水されておりますが、完全源泉かけ流しのお湯です。

露天はこんな感じで。
三朝館(鳥取三朝温泉)

この庭園風景を見つつ、入るお湯は優雅の一言。

また四角形の浴槽もありましたが、こちらが濃さを感じました。
三朝館(鳥取三朝温泉)

少し薄青く濁りを感じるんですね。
ちょろちょろと源泉が投入されていますが、夏場だけに
同時に水も投入されていました。
冬場はもっとええお湯に浸かれそうですね。

そして、その露天奥には休憩処があります。
三朝館(鳥取三朝温泉)

これがね~昭和40年くらいのレトロさを出しているんですけど、
なかなか面白いですね。

お湯からあがってからは、冷たい黒豆茶のサービスが。
三朝館(鳥取三朝温泉)

高級旅館はこういう所がしっかりとしているので好きです。

さすが、人気の三朝温泉の中でも、評価の高いホテルだけあります。
温泉の泉質はちょっと私にはサラッとし過ぎて、また熱く、好みではないんですが、
その風呂の構成やホテル全体の雰囲気は非常に気に入りました。
絶対に、ここのホテルに泊まるとゆったりくつろげると確信できました。
こっち方面に泊まり旅行をする際は、今度は宿泊してみたいですね。

住所:鳥取県東伯郡三朝町山田174
電話:0858-43-0311
日帰り入浴営業時間:11:30~21:00
定休日:無休


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/341-744bca90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。