関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

月刊雑誌「温泉博士」・・・
無料入浴手形を目当てに、大阪、兵庫で新規に入りたい温泉が
2つ以上あると必ず購入します。
なんせ450円の雑誌代ですもんね(この号は計7施設お世話になりました^^)。
ここの施設も載っていたんですが、土日祝は使えない設定。
なので、金曜の晩、仕事終わりに行ってきました、
みのたにグリーンスポーツホテル「銀河の湯」です。

みのたにグリーンスポーツホテル 銀河の湯(神戸北区箕谷)

結構、山の奥にあるので、利用者はあんまりいない模様。

こちらが利用料金等。
みのたにグリーンスポーツホテル 銀河の湯(神戸北区箕谷)

入浴料800円というお高めの値段設定。
月二回は半額デーがあるらしいが、それを狙わないとちょっとな~

入ってまずは内湯。
みのたにグリーンスポーツホテル 銀河の湯(神戸北区箕谷)

他の客もまばらなのでゆったり落ち着いて入れます。

そして露天。
みのたにグリーンスポーツホテル 銀河の湯(神戸北区箕谷)

こちらも広い。
壺湯もあったりして、優雅におれますな~

その泉質表。
みのたにグリーンスポーツホテル 銀河の湯(神戸北区箕谷)

もうひとつ。
みのたにグリーンスポーツホテル 銀河の湯(神戸北区箕谷)

単純弱放射能泉の源泉温度37℃のお湯。
おっ、源泉浴槽がありますね♪

こちらがそれ!
みのたにグリーンスポーツホテル 銀河の湯(神戸北区箕谷)

ぬるめ好きの私にはこれは絶好!
サウナ後にここに入れば、至極の極みです。
黄色っぽい色合いで、若干の硫黄臭。
泉質的には、表六甲側でも好きな「灘温泉」や「おとめ塚」に似ています。

あがってからの休憩施設もゆったり。
みのたにグリーンスポーツホテル 銀河の湯(神戸北区箕谷)

平日のすいている時には再入浴もできるんだそうな。

夏の暑い夜であったので、この源泉浴槽の気持ちよさは抜群!
仕事の疲れが一気に吹き飛ぶ、上等の泉質でした。
ただ、冬場はこの温度、つらいだろうな(露天にないのでその点マシかな)
ってのと、値段がやはりひっかかります。
表六甲側には、銭湯値段で、このぬるめ泉質のこちらの施設があるからね~
神戸、灘温泉 水道筋店の記事はこちら!

ただ、神戸阪神間の泉質のよさは納得ものですよ。

住所:兵庫県神戸市北区山田町原野火打石7
電話:078-581-1851
営業時間:10:30~23:00(最終受付22:30)/足湯=10:30~21:00
定休日:無休(メンテナンス臨時休あり)
日帰り入浴料:大人(中学生以上)800円 小人(4歳以上)400円
泉質:丹生山田の里温泉:単純弱放射能泉(37℃、pH8.4)
低張性・弱アルカリ性温泉


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/331-f42cf29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック