関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

高級宿の温泉めぐりも大好きな私だが、
逆に、その地元民が通う共同湯めぐりも大好きだ。
(って要は、ええ泉質の温泉に入れりゃええんです^^)
黒川温泉から由布院に向かう途中、「秘湯」と呼べる温泉をチェックしていた。
全く道案内のない、その共同湯・・・
辿り着けるか非常に不安でしたが、行ってきました。
「寺尾野温泉」です。

ネット情報を手がかりに、その目印となる家をまず車で探します。
なんとか苦労せずに見つけ、脇に車を停めて、畦道を下っていきます。

すると・・・
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

ネット上で何枚か公開されていた風景と一緒です!
手前の廃屋ではなく、奥の湯小屋がまさにそうです。

その湯小屋の前に来ると・・・
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

薬師湯との看板がありました。
さて、早速、中に入りましょう。

無人の施設です。
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

入浴料は100円で、箱に投入する方式でした。
脱衣場、浴場は一緒のタイプです。
男女別に分かれてはおりますが、かなりオープン(^^;)
女性は少しは見られる覚悟は必要かも。
私が入ったときは、男女とも誰もいませんでした。

その泉質表。
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

単純硫黄泉でしょう、泉温1度とありますが、誰かのいたずらでしょう。
実際は41度です。

こんな感じで投入されています。
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

浴槽はこんな感じで。
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

ひとつは、女性用とひとつに繋がっています。
浸かってみると、夏場なので泉温そのままの温度に感じますね。
ぬるいと言われておりますが、夏場は非常に心地良いです。
それに、まさにこれぞ自然の硫黄泉ですね!
純粋な完全100%かけ流しとはまさにこういうお湯を指します。

やっぱり温泉の質にこだわるならば、こういう所でしょうね。
今回、黒川温泉~由布院~別府と巡りましたが、最高の泉質。
ただ、スーパー銭湯の綺麗さを望む方は絶対にやめておいた方がええです。
このまま、ひっそりと佇ませておきたい共同湯ですので、
行き方等は詳しく書かないでおきます。
よっぽどの温泉好きならば、調べて辿り着くでしょうしね(^^)
温泉入浴マナーのいい方で大事にしていきたいです。

住所:阿蘇郡小国町大字上田寺尾野
電話:なし
営業時間:?
定休日:?
入浴料:100円
泉質:硫化水素泉/源泉温度41度


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/323-8e6be29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック