関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

黒川温泉に到着。
ホントはここで宿泊の予定やったんですが、
お目当てのお宿は予約が1日違いで満室でした、残念・・・
なので、今回は湯めぐり手形を利用して、3軒のお宿を巡ることに決定。
黒川温泉で一番有名で、なかなか予約の取れないここの宿にしましょう。
「山みず木」です。

山みず木(熊本県黒川温泉)

日帰りの場合は、専用の窓口があり、そこから入ります。

しかし、ここのお宿はやっぱり風情ありますね。
山みず木(熊本県黒川温泉)

もう1枚。
山みず木(熊本県黒川温泉)

やはりなんとしても、宿泊したい宿だな~

日帰り入浴の場合は、この混浴露天風呂のみの利用となります。
山みず木(熊本県黒川温泉)

その泉質。
山みず木(熊本県黒川温泉)

ナトリウム-塩化物 硫酸塩泉で源泉温度は90度を超えます。
この温度なんで加水はされているのかと思いましたが、
確認できませんでした。

中は写真撮影禁止なんで、イメージ画を描きました。
山みず木(熊本県黒川温泉)

ちょうど到着したのが、日帰り入浴の始まる8時半。
中には誰もいなくて、朝の日差しが燦々と、木々の間から差し込みます。
すぐ傍には、小川が流れており、そのせせらぎも心地良い。
ここの露天風呂の情景は最高だとの声をよく聞きますが、
それだけの価値はあると思います。
ただ、やはり人工的に造られている感はあるので、
私はあちこち自然の野天風呂も堪能してきていますから、
それに比べると・・・って思いますね。
例えば、九州で同じような雰囲気ですと、こちらの情景が好みです。
大分別府「ヘビん湯」の記事はこちら!

泉質ですが、浸かってみた印象はさすが黒川のお湯って感じ。
透明でさらりとしており女性好みでしょう。
ただ、その濃さはよく感じられず、温度も高めなので、長湯はできません。

最高の情景との噂で、期待し過ぎたのかもしれません。
泉質的にもあまり満足できず、自身の評価は低めです。
ただ、お宿自体の風情は結構気に入ったので、
今度、黒川に来るときには、是非とも予約とって宿泊したいですね。

住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6392-2
電話:0967-44-0336
日帰り入浴営業時間:8:30~21:00
定休日:不定休
利用料金 宿泊料1泊2食付16,800円~29,400円/入浴料=大人500円、小人(3歳~小学生)300円
湯めぐり入浴手形利用可


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/320-fed3ea7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック